ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)で、“生意気だけどかわいい”ギャップある男子高校生役を好演した眞栄田郷敦(21才)。王道ラブコメ作品から一転、10月からドキュメンタリードラマ『キン肉マン THE LOST LEGEND』(WOWOW)に挑戦している。

「大枠の流れは決まっているんですけど、構成通りに演じたことはないです(笑い)。むしろ、構成はあまり意識しないようにしていました。綾野剛さんと出会って、車で移動するシーンなどでは2時間くらいカメラが回りっぱなしでびっくりしましたね。だんだんとドラマの設定がリアルに感じられてきて、自然と“その場を生きている”という感覚になれました。その感覚を、きっちりすべてが決まっているドラマや映画で芝居するときにも味わえたら素敵だなって。そのためにはどうすればいいのか、考えて試していくのがいまは楽しいですね」

 作中で眞栄田は、漫画『キン肉マン』の実写映画『MUSCLEMAN』でウォーズマン役にキャスティングされる。超人・ウォーズマンと自分の共通点は?

「超人的で偉大な父親がいて、その影響を受けているところ。母親想いで、ちょっと恥ずかしがり屋な性格と、挙げればきりがないくらい似ていますね」

 自身の経歴を見れば、空手で全米2位に輝き、高校時代には吹奏楽部の部長として全国大会に導くなど自身も“超人的”!

「そんなこともないんですけどね。どれも2位だとか、トップにはなれていませんから。トップのトップにたどり着くことこそが、ぼくの人生の課題です」

撮影/飯岡拓也 取材・文/小泉咲子

※女性セブン2021年10月28日号