小林麻央さんとの交際報道以来、市川海老蔵の交際報道は約12年ぶり。しかも、本誌・週刊ポストが目撃したのは、3泊4日の間に2人の女性と逢瀬を重ねる“熱愛ぶり”だった。(前後編の後編。前編は〈市川海老蔵、2人の女性とデート【前編】倉敷で黒髪美女との早朝密会全詳報〉)

 黒髪美女A子さんと過ごしたその日の夜、米子の高級旅館では別の女性、B美さんが海老蔵を待っていた。B美さんは30歳前後で、ボブカットがよく似合う女優の水川あさみ似。

 海老蔵はこの日の夕方、同旅館にチェックインした。宿泊するのは露天風呂付きで日本海が一望できる特別室だ。

 この豪華な部屋の扉をB美さんがノックしたのは午後10時過ぎだった。

 それからしばらくすると、部屋のバルコニーに、あられもない姿の海老蔵が現れて、ベンチに座って、日本海の海風を浴びて夕涼み。その隣には、海老蔵を見つめるB美さんの姿もあった。

 その1時間後、海老蔵は、《ぼちぼちねよ、》とのタイトルでブログを更新した。旅館のテレビにスマホを接続する写真とともに、《旅のお供はNetflixっす。おやすみなさい》と書き込んだが、海老蔵はこの時、B美さんと2人きりの時間を過ごしていた。本当の“旅のお供”は映画ではなく、B美さんだった。

 この日、更新されたYouTuber動画のタイトルはこうだ。

《【癒し】舞台で頑張っている海老蔵パパに、子供たちがマッサージのプレゼント!》

 海老蔵は、以前撮影していた、勸玄とぼたんからマッサージを受けて「うまいね、2人とも」と感激する様子をアップした。視聴者からは「感動して涙が出た」「ウルウルした」というコメントもあった。

 B美さんが海老蔵の部屋を出たのは、深夜1時半を回った頃だった。

 翌日は公演の狭間で完全オフ。海老蔵は丸一日、B美さんと過ごした。午前10時半過ぎ、海老蔵とB美さんがレンタサイクルで旅館を出発。田園風景の中を自転車で並走する2人の姿は青春映画の一コマのようだ。

 先を行くのは必ず海老蔵。自転車を立ちこぎしながら、口笛を吹き、上機嫌にサイクリング。その後を笑顔のB美さんが追いかけて行く。

 日本海に注ぐ川をまたぐ橋の上では、海老蔵はしばしば立ち止まってスマホで風景の写真撮影。その写真もすぐあとにブログにアップされた。

 その後、2人はショッピングモールへ。ここでも海老蔵はサイクリングやモール内の様子をほぼリアルタイムでブログにアップして“実況中継”を行なったが、ブログに掲載された写真にはB美さんの影も形もなかった。

 モールに居合わせた客が振り返る。

「サングラス姿でガタイのいい男性がやって来たので最初はビビったけど、よく見ると海老蔵さんだったので驚きました。まさか鳥取のイオンモールに、海老蔵さんがいるとは思いませんでしたから。お連れの女の人とはとても親し気で、安めのカフェチェーン店で並んで仲良くアイスティーを飲んでいました。

 それからショッピングエリアで海老蔵さんが『コレも買っちゃう? 買っちゃおうか?』と言いながら、『これかわいい!』と女性が気に入ったビーチサンダルと、緑色のフリスビーを購入していました。天気もよかったので、ビーチにいってふたりでフリスビーで遊ぶつもりなんだろうな、という様子でしたね。ピッタリとくっついて、あまりに堂々としているので、本当に仰天しましたよ」

 モールでビーチサンダルとフリスビーを買った2人は再び自転車にまたがり、海岸へ続く小道をひたすらサイクリング。

 海老蔵は何度も自転車を止めてスマホで撮影し、即座にブログにアップしていた。まさか隣に美女がいようとは、ブログ読者は知る由もない。

 午後は漁港に移動して市場デートを楽しんだ海老蔵は、ホテルに帰ると、東京にいる勸玄にテレビ電話をしたことをブログで明かした。B美さんが約2時間過ごした海老蔵の部屋を出たのは夜11時近く。濡れ髪に、ホットパンツで生脚を露出したB美さんの姿が、2人の距離の近さを物語った。

 本誌・週刊ポストが目撃した3泊4日のモテっぷりは、まさに稀代の色男のカムバックを強く印象付けた。

 倉敷でA子さんと別れ、米子で待つB美さんに会いに行く途中で海老蔵はブログを更新。《昨日はママの月命日、いつもお花くださる方いるんです。ありがたい、、涙》と亡き妻を偲んだ。

 海老蔵は7月に更新したブログで一門の男性の結婚を明かし、「私もぼちぼち 少しは考えるかな、まずはお付き合いとか」と再婚への思いを語っていた。子供たちが通う学校関係者はこう話す。

「保護者の間でも海老蔵さんのYouTubeはよく話題に上がります。ただ父親の都合でお子さんのプライベートが奇妙な形で動画に取り上げられることには、お子さんが気の毒という声が多い。ぼたんさんのドラマ出演にも水を差さなければいいのですが……」

 今回の海老蔵の行動について所属事務所は、

「この度は本人の行動にご指摘、ご心配いただき 誠に申し訳ございませんでした。プライベートは本人に任せております。 事務所といたしましては海老蔵が今後も舞台に精進出来るよう環境を整えてまいります」

 と回答した。ファンは立派な襲名披露を待ち望んでいる。

※週刊ポスト2021年10月29日号