1971年10月3日。テレビ史に残るオーディション番組がスタートした。『スター誕生!』(日本テレビ系)である。この年、大映が倒産し、日活はロマンポルノ路線に転向。斜陽の映画界を尻目に、カラーの受信契約数が1000万を超えたテレビは娯楽の中心となっていた。かつては映画から生まれたスターを自分たちの手で作りたい──。『スタ誕』はテレビマンたちのそんな思いが凝縮された番組であった。放送開始から50年。文字通り、あまたのスターが誕生した番組の軌跡を振り返る。

「人買い」と批判された番組名物の入札制度

 一家に1台まで普及したテレビの特性をフルに生かしたタレント発掘番組。それが『スタ誕』であった。成功の要因は2つ挙げられる。1つは「公平・透明な選考システム」。志望者は誰でもハガキ1枚で応募することができ、審査の過程はすべて公開された。それまでブラックボックスだったデビューへの道筋がカメラの前で提示された意義は大きく、一部にあった「芸能界は怖いところ」というイメージの払拭にも貢献する。

 もう1つは「きめ細かなバックアップ体制」。テレビ予選合格者には局が費用を負担する各種レッスンが施され、デビュー後は日本テレビの番組に優先的に出演することができた。絶大な媒体力を有していたテレビの支援は芸能プロダクションやレコード会社にとっても魅力的なものであった。

 司会にはピンでの活動を始めたばかりの萩本欽一を起用。「僕には無理」と渋る萩本を「素人の味方になってやって」と口説き落とす。審査には番組の企画にも関わった阿久悠のほか、作曲家や声楽家が参加。従来の同種番組と異なり、辛辣なコメントを交えた厳しい審査が話題となる。

 さらに、画期的だったのは決戦大会における入札制度。気に入った出場者にプロダクションやレコード会社がプラカードを上げるシステムは「人買いだ」との批判も受けたが、番組の狙いはスカウト側の顔を映すことで、彼らにも責任を負ってもらうことにあった。

 鳴り物入りで始まった『スタ誕』の初回視聴率は4.7%。産みの苦しみで、最初のうちは苦戦するが、萩本が“素人いじり”の才能を発揮した「欽ちゃんコーナー」が人気を呼び、数字は徐々に上がっていく。だが番組の評価を確立したのは、第1回決戦大会を経て世に出た森昌子という逸材であった。

 1972年に『せんせい』でデビューした森は当時13歳。いきなり大ヒットを記録したことから、同世代の中高生が続々と応募する呼び水となる。その結果、『スタ誕』は10代のアイドル歌手の供給源となった。

『スタ誕』出身者が芸能界を席巻した

 ここからは番組の興隆を4期に分けて辿ってみよう。まず第1期(1971〜1973年)は森と同学年の桜田淳子と山口百恵がデビュー。“花の中3トリオ”としてアイドルブームを牽引する。歴代最多の25社からスカウトされた桜田は1973年の日本レコード大賞で最優秀新人賞を受賞。阿久は後年、「上手いとか、心を打つとかのほかに“光る”という要素が重要なことがわかった」と述懐した。

 続く第2期(1974〜1976年)は森と同世代の伊藤咲子、岩崎宏美、片平なぎさらを見出す一方、城みちるや新沼謙治など、男性歌手も輩出。実力派といわれるアイドルが多数登場したのもこの時期の特徴といえる。手の届きそうな高嶺の花か、手の届かない隣のミヨちゃんか──。お茶の間に入り込んだテレビならではの親近感が奏功し、視聴者は素人がスターに成長していく過程を楽しむようになる。

 第3期(1976〜1979年)は社会現象となったピンク・レディーを筆頭に石野真子や清水由貴子らが人気を獲得。各音楽祭の新人賞には『スタ誕』出身者が名を連ねるようになり、それまで「帝国」と呼ばれるほど権勢を誇っていた渡辺プロダクションの一強体制を揺るがす事態となった。番組が最高視聴率28.1%を獲得したのは1978年5月のことである。

 第4期(1980〜1983年)は柏原芳恵、小泉今日子、中森明菜、岡田有希子ら、人気アイドルが続々とデビューするが、プロダクションが自前のオーディションを開催し始めたことや、シンガーソングライターの台頭などにより、発掘機能が徐々に低下。番組とは無縁の松田聖子がトップスターに就いたのは象徴的な事象であった。

歴代司会者はトップタレントばかり

 チャンスを掴もうと必死の参加者と、厳しい講評を行なう審査員。その間に立って番組を進行する司会者には明るさと機転、そして参加者に寄り添う優しさが求められた。初代司会(1971〜1980年)を務めた萩本欽一はうってつけの人物だったが、その後は谷隼人・タモリ(1980〜1981年)、坂本九・石野真子(1981〜1982年/石野は1981年9月に降板)、横山やすし・西川きよし(1982〜1983年)へと引き継がれた。

 番組が終了した1983年までの12年間で、応募総数は200万通、番組出場者は5500組、デビューは88組92人。今も一線で活躍するスターを多数送り出した功績はあまりにも大きい。

取材・文/濱口英樹

※週刊ポスト2021年10月29日号