女優・深田恭子(38)が10月14日放送の『VS魂』(フジテレビ系)にゲスト出演した。深田は今年5月に「適応障害」との診断を受けて芸能活動を休止し、9月から活動再開したばかり。まだ本調子ではないのか、少々ろれつが回らず、声もかすれ気味だった。そのせいで視聴者からは〈まだ復帰は早かったのでは〉〈見ていられない〉といった心配の声が相次ぎ、「深キョン」がTwitterでトレンド入りする結果となった。

 深田は10月6日に放送された『2021FNS歌謡祭・秋』(フジテレビ系)にゲスト出演した際もろれつが回らず、心配する視聴者が続出した。10月15日には、「めざまし8」、「とくダネ!」(共にフジテレビ)と朝の生番組に出演。笑顔で元気に出演するまでに快復していたものの、やはりネットでは〈頑張り過ぎでは〉などの反応が見られた。もはや深田はテレビ出演するたびに〈大丈夫?〉という声でトレンド入りするような状況だ。

 深田が芸能活動を休止したのは5月下旬のことで、当初、活動休止は長期化すると見られていた。

「当時は主演映画の撮影現場でハイテンションに笑ったかと思えば、次の瞬間に大泣き。常に不安定で夜もよく眠ることができず、撮影を終えた直後に倒れてしまったのです。超がつくほど頑張り屋で、どれだけ多忙な日々が続いても、文句ひとつ口にしない彼女がダウンしただけに、早期復帰は難しいと思われました」(芸能関係者)

 その当時、深田を知るテレビ局関係者は「年内復帰も難しい」と予想し、こう語っていた。

「主演予定だった7月スタートの連ドラも降板が発表されました。フジテレビの『木ジュー(木曜夜10時)』と呼ばれる枠で、深田さんが毎年出演する人気枠。今年も3年連続で主演する予定でした。

 共演者やスポンサーが決定しているタイミングでの降板は異例中の異例。代役が決定しましたが、10月以降にずらすなどの措置も不可能だと判断されたということは、年内復帰も難しい状況なのではないでしょうか」(深田を知るテレビ局関係者)

 休養期間中、深田の側には常に誰かが寄り添い、サポートしなければならなかったという。その役割を担ったのが、2019年秋から交際する不動産会社シーラホールディングスの杉本宏之会長(44)と、深田の母親だった。

「24時間、誰かが必ず深田さんの傍らにいないと心配な日が続いたようです。部屋から出られないほどの状態で杉本さんとお母さんが交代交代で付き添っていたようです」(前出・芸能関係者)

 しかし、実際は「早期復帰は難しい」どころか、わずか4か月での活動再開となった。深田は完全復活を遂げたのか? 復帰直後の9月下旬には、都内の高級スーパーで声をかけてきた男性ファンに“神対応”を見せる一幕もあった。深田がスーパーを出た後、男性に話を聞いた。

「大ファンなのですぐに深キョンだと気付きました。深キョンが出演していたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)を見ていたことを伝えたら、『ありがとうございます』と優しい表情で、目を見て言ってくれました。ドラマの感想を伝えているときも、ウンウンと頷きながらずっと話を聞いてくれて。

 その後サインと写真を頼んだのですが、断わられてしまい、代わりに握手をしてもらいました。最後に『サインと写真撮れなくてすみません。それでも嫌いにならないでください』と申し訳なさそうな表情で言われ、本当に優しい人だなと思い、もっとファンになりましたね」(深田ファンの男性)

「さすが深キョン!」と言いたくなるエピソードではあるが、「嫌いにならないでください」という言葉は、冗談めかしたものだとしてもなんだか心配になってしまう。10月15日より主演映画『劇場版 ルパンの娘』も公開され、ますます忙しくなっていきそうな深田。どうか無理はしないでほしい。