ジャニーズ事務所のアイドルグループ・V6が、11月1日をもって解散する。10月15日には『ミュージックステーション 35周年記念4時間スペシャル』(テレビ朝日系、以下『Mステ』)に生出演したが、グループとして同番組に出演するのはこれが最後となった。

 番組では事前にファンによる投票で選ばれた「TL」「TAKE ME HIGHER」「Believe Your Smile」「HONEY BEAT」「愛なんだ」「over」の6曲を披露。歌唱前にはメンバーがそれぞれコメントを寄せ、最後はタモリとメンバー6人で記念撮影をする一幕もあった。

 今回のグループ解散に伴い、森田剛は事務所を退所する。残る5人のメンバーは事務所に残り、11月2日より「20th Century」(以下、トニセン)、「三宅健」「岡田准一」の3つのファンクラブが発足する予定だ。錦戸亮、中居正広、長瀬智也、山下智久、そして森田剛と、2019年7月にジャニー喜多川社長が亡くなって以降、退所者が後を立たない。もちろん、今回のV6の解散を残念がる声も多数あるが、一方で労いや称賛の言葉も数多く寄せられているようだ。いったい他のグループの解散と何が違うのだろうか。

V6がきっかけで日本移住した海外ファン

 中国人ファンのAさん(40代・女性)は、「V6こそ理想的なアイドルだ」と絶賛する。

「私は学生時代に森田剛くんのファンになり、V6がきっかけで日本に来ました。解散報道はもちろんとても悲しかったですよ。でも、剛くんの一番の理解者であり親友であった健ちゃん(三宅健)がこの決断を受け入れたのですから、ファンとしても受け止めないといけません。

 現在、彼らはライブツアー中ですが、長年パフォーマンスが衰えることなく、またビジュアルやスタイル維持も完璧で、プロ意識がすごく高い。6人の関係性もとてもバランスが良く、お互いに敬意を払い合っているんです。私にとってV6こそが理想的なアイドルです。彼らに出会えて多くを学びましたし、日本に来られて本当に良かったと思っています。

『Mステ』のラストのステージは、私の大好きな『over』が披露されました。日本に来たばかりの頃、辛いこともたくさんありましたが、この曲に励まされてきた。その歌詞と重ね合わせるように、自分の人生やメンバーのこれまでの勇姿が思い起こされて、涙が止まりませんでしたね」(Aさん)

「これぞジャニーズアイドルという勇姿」

 今回のV6のラストステージには、V6ファン以外のジャニーズファンからも称賛の声があがっている。「NEWS」のファンだというBさん(20代・女性)は、こう語る。

「NEWSはこれまで紆余曲折あり、メンバーも次々と脱退、退所していきました。その度にグループを立て直し、新しい形を構築するための時間がかかった。途中でファン層も変化し、一時期はファン同士が険悪なムードになることもありました。

 それに対して、V6先輩はずっとあの6人で走ってこられて、またファンの方々もマナーが良いことで有名。同じジャニーズファンとして心から尊敬します。皆さん年齢を重ねても、いつもキラキラ輝いていますよね。解散の発表も、解散までの時間の過ごし方も、理想そのものです」(Bさん)

『Mステ』でのラストステージを見て、切ない記憶が蘇ったというファンもいる。Cさん(20代・女性)はV6とともに、関ジャニ∞のファンだ。

「V6さんのラストステージ、素晴らしかったですね。ジャニーズファンたちのグループLINEで『エモいね』『号泣した』『メンバー、涙を堪えてたね』と盛り上がりました。ただ、私の目には、まだV6を続けたいと思っているメンバーもいるように見えました。

 一方で、森田剛くんはスッキリと、どこか清々しい表情をしていたのが印象的で……。なんとなく、錦戸亮くんが関ジャニ∞を脱退した最後のコンサートと重なりました。次の目標を見据え、グループを去っていく決意をしたアイドルの目なのかもしれません。好きなアイドルが旅立つのは悲しいけれど、V6には『これぞジャニーズアイドル』という勇姿を見せてもらったことに感謝しています」(Cさん)

 V6として残された時間はあとわずか。現在ライブツアーの最中だが、15日には岡田准一主演の映画『燃えよ剣』も公開されたばかりだ。今後もメンバーそれぞれが、音楽や演劇、映画など、様々なフィールドで活躍してくれることをファンは待ち望んでいる。