9月23日より公開中の古田新太(55才)主演の映画『空白』。本作は、1人の娘を失った父親が、娘の無念を晴らすべくモンスター化し、彼女の死に関わった者たちを追い詰めていくという、人間の感情の“怖さ”を見つめた作品だ。7年ぶりに主演を務めた古田の演技が大きな話題を呼び、公開初週の映画ランキングでは6位につけた。古田の鬼気迫る演技について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 人間心理をえぐり出す鬼才・吉田恵輔監督(46才)による最新作『空白』。SNSなどの口コミには、「怖いけど泣けて、最後は救われる」「古田新太のモンスターぶりは映画史に残るレベル」など、作品の持つ強烈なテーマと主演の古田の演技に多くの反響が寄せられている。筆者もまったく同感だ。古田の演技に震え上がり、鑑賞後もしばらくは作品の余韻から抜け出すことができなかった。

 本作は、この秋に開催される第34回東京国際映画祭において、特集上映も決定している吉田監督のオリジナル映画。映画『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』といったエッジの効いた作品を次々とプロデュースし、世に送り出してきた映画会社スターサンズ代表の河村光庸(72才)が、『愛しのアイリーン』に続いて吉田監督とタッグを組んだ作品だ。現代における“罪”と“偽り”、そして“赦し”を描き出している。

 あらすじはこうだ。ある日、1人の女子中学生が事故死してしまう。彼女がスーパーで万引きしようとしたところを店長に見つかり、追いかけられた末、車にはねられたのだ。少女の父親(古田新太)は、それまで娘に対して無関心だったものの、せめて娘の無実を証明しようと奔走。スーパーの店長を激しく追及するうちにその言動は過激化し、恐ろしいモンスターと化していく。

 本作で興味深いのが、“恐怖”を作り出しているのが主人公の古田だけではない点だ。古田演じる主人公・添田にとことん追い詰められていくスーパーの店長役は松坂桃李(33才)が演じている。彼は受けの芝居に徹し、日に日に憔悴しきっていくさまを体現することで、添田がいかに狂気的な人物であるかを観客に訴えている。さらに、娘役の伊東蒼(16才)や漁師である添田の部下を藤原季節(28才)といった若手が好演しているほか、田畑智子(40才)、趣里(31才)、 片岡礼子(49才)、寺島しのぶ(48才)らがそれぞれの立場で“関係者”として登場し、作品のテーマに深みを与えているのだ。

 若手からベテランまで、さまざまなタイプのプレイヤーに支えられている本作。その中心に立っているのが、7年ぶりの主演映画となった古田新太だ。本作における彼の存在感は圧倒的なものがある。演じる添田という人物は、娘が事故に遭うより前から激しやすい性格の持ち主であり、仕事の相手には怒鳴ってばかりで、娘が恐る恐る相談しようとしても相手にしない。浮かべる表情には常に怒気が含まれており、物語の序盤で観ていて嫌な気持ちにさせられる。大体のあらすじを知っていることもあり、そもそもがこのような性格の男なのだから、“どこまで振り切れてしまうのか”を考えずにはいられない。本作に対する観客の恐怖心は、古田の演技によって物語の序盤に植え付けられるのだ。

 古田といえば、どちらかというとコミカルな演技が得意な俳優というイメージを持つ人が多いだろう。“オジー”役が大アタリとなった『木更津キャッツアイ』シリーズをはじめとする宮藤官九郎(51才)作品で見せる姿はもちろん、演じる役の幅は広く、どこか現実離れしたキャラクターを多く演じてきた。近年の代表的な役で言えば、ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』(日本テレビ系)で演じた、型破りな言動を次々と繰り出す高校教師役が思い浮かぶ。どれも“シリアス”とはほど遠いものばかりだ。

 そんな古田だけに、本作で演じた添田が従来のイメージを大きく覆すものとなっていることは明白だ。だが、それにしてもこれほど恐ろしくなるものかと感じずにはいられない。この怖さの理由は、徹底的にコミカルさを排していることと、先述した作品で演じた役たちとは異なる、添田のリアリティにあると思う。怒りの感情が止まらず“モンスター化”していくものの、古田は添田というキャラクターを、観客が生活する現実社会に実際にいそうなレベルのものにとどめているのだ。言うなれば、とても人間的なのである。物語に描かれていることを現実世界に置き換えて想像してみると分かりやすいかもしれない。もし私たちの身近な大切な人が理不尽な不幸に見舞われ、怒りが爆発して歯止めが効かなくなってしまったら……。

 つまり、古田の演じる添田は、観客の想像力の範疇内の人物だからこそ怖いのだ。これは、話題の映画『孤狼の血 LEVEL2』で鈴木亮平(38才)が演じる限度知らずの悪役とはまったく異質なもの。『孤狼の血 LEVEL2』は非常にフィクショナルな作品であり、対する『空白』は、いつ誰の身に起きてもおかしくない事象を描いている。演技で“振り切れる”のは技術と経験が必要なのだろうが、あるレベルに“とどめる”というのも相当に難しいはずだ。これが添田の恐怖の“リアリティ”に繋がっているのだ。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。