THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカルで、俳優としても活躍する吉野北人が登場。大人の色気を増した表情を見せる彼に10個の質問をぶつけた。

Q1.ソロでは約1年ぶりの『女性セブン』登場。この1年で変化したことは?
「この1年はコロナの影響もありいろいろ大変でしたね……。その中でも新しい形でアリーナツアーをやらせていただいたり、ドラマに主演したことはよい経験になりました」

Q2.最近のメンバーとのエピソードは?
「先日、ちょっと大きな地震があったときに『大丈夫だった?』と、メンバーのグループLINEですぐに無事か確認しあいました」

Q3.作詞するとしたら何をテーマに書きたい気分?
「コロナ禍だからこそ、前向きになれるような曲にしたいと思います」

Q4.新曲『LIVING IN THE DREAM』(10月27日発売、リズムゾーン)の聴きどころは?
「ゆったりした曲調なので、肩の力を入れずに、何も考えないくらいリラックスして聴いていただきたいですね。MVもいままでにない感じになっています!」

Q5.ドラマ『トーキョー製麺所』に主演した感想は?
「赤松は元ホテルマンという設定だったので、自分的にはビシッとカッコいい人物イメージなのかなと思っていたのですが、監督からは、少し抜けているキャラにしたいとお話がありました。普段、アーティスト活動ではカッコいい見せ方しかしていないので、ちょっとダサいキャラを演じるのは初挑戦でした。自分にとってプラスになったと思います」

Q6.ドラマ主題歌『OFF THE WALL』の聴きどころは?
「うどん屋さんが舞台のドラマとはちょっとギャップのある、バトルが始まりそうなカッコイイ楽曲ですね」

Q7.好きな香りは?
「最近は季節的に歩いているとキンモクセイの香りがするので、地元を思い出して、懐かしいな〜と思います。地元にもなかなか帰れていないので」

Q8.ハロウィンで、もし仮装するなら?
「ドラキュラとか!?」

Q9.クローゼットの中でいちばん多いのは?
「意外とパーカかもしれません。衣替えはしないです(笑い)」

Q10.旅に出るならひとりがいい? 誰かと行きたい?
「誰かがいた方がいいな。またいつか海外に行けるようになったら、LAに行きたいです」

※女性セブン2021年11月4日号