《私、生田竜聖はこの度、民間企業に勤める方と結婚する運びとなりましたことをご報告させていただきます》──5月15日、フジテレビの生田竜聖アナウンサー(35)が自身のインスタグラムで再婚したことを発表した。生田斗真を兄に持つ生田アナは2011年に同局に入社し、『めざましテレビ』などを担当。2012年に同局の元アナウンサー・秋元優里氏(40)と結婚したが、2018年に離婚している。先月には『女性セブン』が秋元が再婚していたことを報じており、生田はほぼ同じタイミングで再婚したことになる。

「当時、5才先輩でエースアナだった秋元さんと電撃結婚した生田さんは、結婚2年目に長女を授かり、アナウンス室ではおしどり夫婦的な存在でした。しかし、秋元さんが2018年に同じ局内の妻子ある年上プロデューサーと竹林に止めたワンボックスカー内での密会を報じられ、事態は一変しました。秋元さんは不倫疑惑を否定しましたが、報道から3カ月後に離婚。担当していた『ワイドナショー』『BSプライムニュース』など担当番組を降板しました」(フジテレビ関係者)

 離婚後も生田と秋元氏の元夫婦は同局のアナウンス室に所属していたが、入社14年目の2019年に秋元氏はアナウンス室から異動した。

「ビジネス推進局で国際ビジネスの担当者となった秋元さんは、裏方として充実した日々を送っているようです。最近は同局の『週刊フジテレビ批評』に出演して国際ビジネスについて語ったり、ネットニュースで自身のキャリアに関するインタビューにも答えています。私生活では、総合商社に勤める50代の男性と再婚して、家族3人で暮らしているとか」(同前)

 今回の再婚タイミング、元夫婦の関係はどうなっているのだろうか。別の同局関係者は次のように打ち明ける。

「もともとアナウンス室内ではアナウンサー同士が結婚すると、子育てなどの理由でシフトを組むことがあり、局内で顔を合わすことは少なくなるそうです。生田アナと秋元さんも離婚後もアナウンス室で顔を合わせることはほとんどなく、秋元さんは異動しました。しかし、小学校高学年になる娘さんの親権は秋元さんが持っていて、彼女と生田さんは定期的に連絡を取っています。良好な関係を保っており生田さんは娘さんと遊びに出かけるなどしているようです」

 前出の関係者によると、離婚から6年経っても局内で話題となるのは元夫婦の関係よりも、秋元氏と不倫報道があった男性社員だという。

「秋元さんと不倫疑惑が報じられた局員は現在、編成局に在籍しています。時々、秋元さんが当時の不倫相手のいる編成局のフロアに打ち合わせで訪れることがあり、疑惑が報じられた2人のニアミスに周囲はピリピリしているそうです。ただ、秋元さんと男性社員が会話をすることはなく、何事もなかったかのように粛々と仕事をこなしています」

 同じお台場で働く渦中の3人。それぞれ仕事に励んでいるようだ。