6月9日、フリーアナウンサーの小林麻央(33)の夫で歌舞伎役者の市川海老蔵(38)は、妻の病状について会見を開き、神妙な面持ちで彼女の思いを語った。

「何より本人がいちばん辛いと思うんです。元気になりたいという気持ちと、小さい子供の側にいられない母親の気持ち。私には計り知れない辛さ。でも、彼女は気丈に明るく振る舞ってくれる」

 海老蔵によれば、1年8か月前に人間ドックを受けた際に異変が見つかり、検査で乳がんと診断されたという。

「ステージは比較的深刻です。簡単に治らないからこそ、いまこのような会見になっている」(海老蔵)

 これまで麻央は入院して抗がん剤治療を続け、現在では、通院での治療に切り変えている。今後、手術に踏み切るという。乳がんに詳しいおんが病院・おかがき病院統轄院長の杉町圭蔵氏が解説する。

「33歳という若さでの進行がんですので、それだけがんの勢いもあり、進行も早い。一般的に長期の入院というのは、かなり進行していて、様々な厳しい治療をしていることが多い。また手術してもがん細胞が取り切れない状態なのかもしれません。乳がんですと肋骨や皮膚まで浸潤しているとか、肺や肝臓に転移している可能性もあります。ですので、抗がん剤でがん細胞を小さくしてから手術ということなのでしょう」

 本誌は前号で、最近麻央に会った知人の彼女の体形がふっくらしたという証言を紹介したが、杉町氏によれば、抗がん剤の副作用によるむくみだったのではないかという。

 海老蔵が「深刻」と語った通り、麻央の闘病はかなり厳しい状況のようだ。別の梨園関係者は言う。

「海老蔵さんは尾上菊五郎さんや中村吉右衛門さんら、歌舞伎界の大御所には、麻央さんの病状を報告していたようですが、それ以外には箝口令を敷いて、麻央さんや子供たちの負担にならないように献身的に尽くしてきた」

 海老蔵は千葉県・成田山新勝寺で出家の儀式である「得度」を受けたが、これも麻央を救いたいという願いから思い立ったのだろう。

 海老蔵同様、家族として麻央を支えたのは姉・小林麻耶(36)である。しかし、その麻耶は5月19日放送の『バイキング』(フジテレビ系)の生放送中に体調不良を訴え、表舞台から姿を消した。6月1日には彼女の所属事務所が「体調不良での無期限休養」を発表すると「ブリっ子キャラに疲れた」といった様々な憶測が流れたが、彼女の体調不良も麻央の病気が原因だったようだ。前述の会見で海老蔵はこう明かしている。

「家族一丸で麻央をバックアップしている。麻耶ちゃんも疲れが出てしまった」

※週刊ポスト2016年6月24日号