最近の刑事ドラマは現職の警察官が観ても「よくできている」と感じるという。それもそのはず、制作の裏側では豊富な知識を持ったプロたちが「警察監修」として携わっているのだ。

 4月17日から放送される「月9」ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)。この作品で監修デビューしたのが、小川己奈夫氏だ。警察官として32年にわたって鑑識一筋で勤め上げたプロフェッショナルは、どのような想いで監修に臨んでいるのか。

 * * *
 普通はそれぞれの課を一通り経験するものですが、私の場合は鑑識、それも指紋の鑑識ばかり。そういう意味ではちょっと変わり種だと思います。

 監修の世界ではまだまだ新米ですが、現在は『貴族探偵』の現場にお邪魔しています。コメディタッチのドラマですが、警察が関わるシーンはシビアに演出しています。最初は私の知識が役に立つか不安でしたが、この作品の現場でも少しアドバイスできることがありました。

 鑑識役のエキストラさんは経験者の方だったので、「これまでどういうふうに演じてこられたか見せてください」とお願いしたら、指紋を取る際に粉を塗布する刷毛を壁の上でポンポンと軽く叩くようにやってくれました。ドラマではよく見るシーンですが、実はこれはリアルではない。

 実際の現場では大きく優しく、撫でるように左右に動かすのが主流です。そうお伝えすると、「こっちの方が動きも大きくてテレビ映りもいい」ということで採用されました。

 また指紋採取では、浮き出た指紋をゼラチンシートに写し取るのですが、取ったあと、シートを光に透かして確認するんです。そうした“鑑識っぽい”リアルな動作を加えてもらいました。監督さんは動きのあるシーンを撮りたいとお話しされていたので、リアルでかつ動きが出るような監修を心がけています。

 私は鑑識ばっかりやってきた男です。だからというわけでもないですが、鑑識という仕事をもっと広く知ってもらいたい。

 実際の事件現場で、最初に現場に入るのは鑑識の人間です。これは刑事ドラマの中でも同じ。ドラマでは冒頭シーンでの登場が多い。ここが面白くないと視聴者も離れてしまいますよね。

 ですから役としては脇役かもしれませんが、鑑識の人間が登場するシーンでは主役ばりの存在感を放ってほしい。そう見えるように作品に息吹を吹き込んでいきたいですね。

●おがわ・みなお/1982年、警視庁入庁。1986年に鑑識課へ異動してから32年間、一貫して鑑識畑を歩む。特に指紋の採取、遺留指紋の照合や指紋採取資機材の研究開発などにかけては日本でも屈指の腕を持つ。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2017年4月21日号