5月のよく晴れた休日の朝、名古屋市内に浅田真央(26才)の姿があった。真っ赤な愛車のハンドルを握りしめ、自宅から最初に向かった先は近所のカフェ。ウッド調のお洒落な店内のテーブル席に1人で座った浅田は、スマートフォンを見ながら卵トーストやサラダなどのモーニングと、大好物のかき氷をペロリとたいらげた。

 その後、添加物を使用せず国産粉で作るバゲットが人気のパン店を訪れると、小さめの菓子パンをいくつも購入して、ほおばる。さらに和菓子店に立ち寄ると、さつまいもを使ったスイーツなどを買って家路に。「金メダル級」の食べっぷりを見せた。どうやら4月の現役引退後、浅田は食事制限をしていないようだ。

「ストイックな競技生活を離れて、ようやく好きなものを好きなだけ食べられる毎日になったわけですからね。最近は自由にゆったりと過ごしているようです。顔立ちもだいぶふっくらとしました」(フィギュアスケート関係者)

 そんな浅田に突然の“熱愛”報道が降って湧いた。『女性自身』(6月20日号)によると、浅田のお相手はフランス人モデルのロマ・トニオロ(27才)。浅田がもともとロマの大ファンで、今年1月に名古屋で行われたイベントで念願の共演を果たした後、スマホの待ち受け画面をロマの写真に設定し、暇さえあれば“白馬の王子”を眺めているというのだ。

 ロマはフランス出身のモデルで、これまで10回以上も来日している親日家。彼を一躍有名にしたのは2年前のことで、オリジナルのハンコを作りに成田空港に到着したところをテレビ番組『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)に密着取材されたのがきっかけだった。

? そんなロマ、実はもともとフィギュアスケーターだった。

「8才から13年間選手として活躍しましたが、国際大会の上位に入賞するような実力はなく、ジュニア時代から世界のトップステージにいた真央ちゃんとは、まるでレベルが違います。真央ちゃんの現役時代に氷上での接点はありませんでした」(前出・フィギュアスケート関係者)

 ロマはスケーターとして活動すると同時に、15才でモデルデビューし、パリコレに出演した経験を持つ。現在は、日本で暮らしながら芸能事務所に所属し、モデルやタレント活動をしている。

「現在、日中は日本語学校に通いながら芸能活動をしています。186cmの長身に金髪が映える甘いマスク。しかもフランス人らしく、感情表現もストレートかつ情熱的なので、とにかく日本の女性にモテます。ある雑誌の撮影の時、スレンダーな日本人女性の肩を抱きながら現場近くまで来たこともありました。スタッフが『彼女ですか?』と尋ねたら、『オトモダチね』とはぐらかされたそうです」(出版関係者)

 6月4日には東京・新宿で行われたファッションイベントにゲスト出演。立ち見が出るほどの熱気ムンムンの中、美しい金髪をなびかせた王子様ファッションでロマがステージに登場すると、黄色い大歓声が沸き起こった。ショー終了後、即席のサイン会が催され、ファンはロマと写真撮影に興じ、笑顔を見せていた。

 その後、愛車の黒いバイクにまたがったロマが向かったのは、都内のターミナル駅周辺にある古風な一戸建て。そこで彼を出迎えたのは1人の女性で、仲睦まじげな様子で家へと入っていった。えっ? 真央ちゃんほどの子がいるのに、他の女性と同棲──。こうなったら本人に聞くしかない。自転車で自宅に戻ってきたロマを直撃した。

──真央さんとおつきあいに発展すると報じられましたが。
「イベントで一緒になった。それだけね。何もない」

──以前のインタビューではスリムでスポーティーな人が好きと発言していましたが。
「うん、今も同じ。でも彼女は難しいね。私も彼女はほしいですけど…ファンは95%が女の子だから、彼女は難しいね」

──真央さんとも友達どまりですか?
「うん、友達だけど、会えないから」

──会ったのは1度だけ?
「そう」

──その後、連絡はとっている?
「ノン。ワンタイムオンリーね。今は日本語を覚えて、もっと仕事がんばるだけ」

──ところで、ここで一緒に住んでいる女性は誰?
「(急に無言になって)…アー…」

──お友達?
「そうそう。シェアハウスね。お友達。ありがとございます」

 そう言い残してロマは家の中へと消えていった。浅田とロマの関係をロマの知人が語る。

「真央さんのスマホの待ち受け画面がロマの写真になっていると報じられましたが、それは間違いです。実際はロマのスマホに真央さんと一緒にイベントをした時の記念写真が入っているんです。それを見た関係者が周囲に話すと、なぜか“真央さんのスマホにロマの写真がある”と逆になって噂が広がってしまった。そもそも2人が会ったのはイベントの1回だけなので、彼が真央さんの“白馬の王子”だなんてありえない話ですよ(苦笑)」

※女性セブン2017年6月22日号