ドラマファンには待望の日々である。新作が続々と幕を開ける。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘した。

 * * *
 本格的な夏が到来し、次々に新しいドラマがスタート! 中でも、状況が大いに味方しているのが『定年女子』(NHKBSプレミアム日曜午後10時)。主人公は、夫の浮気のせいで離婚したシングルマザーでキャリアウーマン。演じるのはなんと、夫・渡辺謙の不倫疑惑のただ中にある女優・南果歩。

「精神的にダメージがあって、このお仕事をお断りしようと思っていた」とは南さんの弁。「でも制作陣の熱い思いが伝わってきて『私、頑張ってみよう』って気に」。

 取り巻く状況がこれほど注目度を押し上げてくれるなんて、ある意味ラッキー。プライベートからすれば苦悩の真最中かもしれないが、役者としては大チャンス。いったいどんな破壊的演技を見せてくれるのだろう、と興味津々……。

 南さんが演じるのは、大手商社で部下を抱えるキャリアウーマン・深山麻子。ところが……残念ながら「仕事が出来るCSR部部長」にしては落ち着きも貫禄も足りない。ワーワーギャーギャー、軽いのです。手足振り回してオーバーアクション。

 今どき本当に仕事ができるキャリアは、ちょっとやそっとのことで金切り声なんて上げないはず。アルトの声で、ゆったりと話すはず。見知らぬ人に酔っ払って絡むシーンに至っては、どこかで見たことがある既視感が。そう、ドリフのコントですよ、これ。

「背水の陣」で臨むドラマ、火事場の馬鹿力が炸裂するのではと期待したのですが空回り。そればかりか演技におけるリアリティも足りないとなると、現実の状況の「痛々しさ」ばかり目についてしまい……。

「痛々しさ」という点でいえば、フジテレビで始まった『セシルのもくろみ』(木曜午後10時)も、共通の匂いがします。久々の真木よう子主演。お金もなく色気もない元体育会系ヤンキー主婦・宮地奈央を演じる真木さん。しかし設定にあまりの無理が……。

 ジャージ姿のパートのおばちゃんが、いきなり人気ファッション誌の読者モデルとしてスカウトされシンデレラ的に上昇するストーリーって? この設定、時代とズレてませんか? マスコミ業界をやたら華やかに描くあたりが。

 それに、上から目線。庶民なら「必ず憧れるはず」という業界への決めつけは、もはや幻想。マスコミの末端にいる者としても恥ずかしい限り。

 さらに痛々しいのは、痩せすぎの真木よう子さんの姿です。ガリガリの手足なのに糖質・炭水化物制限を指示され、髪の毛は頭上で結び、無理にヤンキー風にガニ股で歩く姿が、痛い。

 ドラマのPRも兼ねてツイッターを開設し、「見てください!」と土下座動画も公開するその勢いも、痛い。そこまでやって初回視聴率5.1%が、つらい……。

 どうやったって「ヤンキー主婦」に見えない美人を、強引に野暮にするって……似たようなドラマありませんでしたっけ。そう、桐谷美玲が冴えないリケ女をやった前クールのドラマ『人は見た目が100パーセント』に重なるパターン? 制作も同じフジテレビというのが不吉な予感。同じ轍を踏むことにならなければいいけれど。

 となるとむしろ、「ドラマ」ではないのに人々の関心を一身に集める、あの動画が気になる。あっちの方がドラマツルギーに満ちている、そんな皮肉な現実を認めないわけにはいきません。

 松居一代さんの情報発信は、たしかにやり過ぎが目立ち名誉毀損等にあたる可能性も指摘されていますが、敢えて、ドラマの三要素──「脚本」「役者」「演出」という視点から検証してみると。

「脚本」──自殺未遂話に夫のパスポート渡航歴、バイアグラ、愛人?の手紙……次から次へと想定を超え予測不可能な展開。

「役者」──まさしく松居さんの存在感。恨みのこもった白眼、怖すぎる表情、一転して不敵な笑みと、演技力を発揮。

「演出」──スッピンをさらしたり、破れた靴下を見せたり、89歳の共演者と登場したり……。

「脚本」「役者」「演出」のいずれも、人々の関心と視線を一手に引き寄せる要素を揃えていて、まるで「ドキュメンタリーサスペンスドラマ」か「ノンフィクションミステリー」。テレビドラマがこれに対抗して関心を集め、超えていくには相当の力量が求められるでしょう。

 今やSNSなどで個人が思わぬ「ドラマ」を自由自在に発信できるた時代。だからこそ、テレビ局の制作陣には確固たるドラマ手法や作品作りの哲学が、以前にも増して求められているのかもしれません。?