放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、とどまるところを見せない“松居劇場”、その禁断の歴史をひも解く。

 * * *
 7月4日、YouTubeにて“松居砲”が発射されてから10日余りが経過した。

 男性二人、女性一人と松居一代からなる“チーム松居”による発信や立ち回りは、相変わらずワイドショーのネタになっている。

 メイン視聴者は、松居と同年代のF3層(50才以上の女性)。F4と呼ばれる60代半ば以上の女性たちは、四半世紀前、松居一代が元夫と繰り広げた離婚ネタや息子さんのアトピー性皮膚炎や自身の顔面麻痺、さらには大手ゼネコンを相手取った欠陥住宅訴訟などを思い出していたことだろう。

 当然のことながら、テレビ局の現場に、その年代のスタッフは少なくなっている。因って、松居一代が『新潮45』(98年11月号)に記した「バブル亭主、ゼネコン、銀行との『わが闘争』…黙って死ねるか!」が掘り起こされたのも、今週半ばのことだった。

 実は、松居がこの文章を書くきっかけを作ったのは私なのである。当時、単行本の企画を探していた新潮社の中瀬ゆかり氏に、「松居一代の話が面白い」と紹介。その頃、松居ネタを度々取り上げていた『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)の出演者であり、スタッフでもあった私は、松居が夫と浮気相手との密会現場に一人で潜入した話や、自宅マンションの天井が壊れ、水漏れを起こし、エルメスのバーキンやケリーが台無しになったこと。元夫の借金の保証人にされていたことなどを松居本人から聞かされ、何本、再現VTRにナレーションをつけてきたかわからない。いまは良く見かける“本人出演”の再現の走りも松居一代だったように思う。

 件の中瀬氏は、「(単行本化は)ウチでは難しいと思う」と言い、『新潮45』での執筆を選択。新潮社としては、明らかにキワモノであり、知名度もいまほどではなかった“松居本”のハードルは高かったのだろう。

 その松居一代が執筆した『わが闘争』が、やっとワイドショースタッフの目に留まったというワケだ。

「女優はテレビだけで見とけばよかった」と元夫に侮辱され、「よくぞここまで私を騙してくれたもんだと、全力で夫のすべてに復讐」云々は、いま、松居が船越に対してやっていることと見事に重なっている。

 若い男性ワイドショースタッフが言うことには、「僕は、松居さんの動画をいつも最後まで見られないんですよ」と。別の男性スタッフは「途中でギブアップして、あとはADに任せている」とも言っていた。人にもよるのだろうけれど、概して男性たちは、「見るに堪えない」「船越英一郎さんが気の毒すぎる」「あれはテレビに出してはいけない映像だ」という意見が多い。

 一方、女性スタッフは、老いも若きも、「次は、どんな話が出てくるのか興味津々」だ。四半世紀前の松居ネタを知らない若い女性スタッフにとっては、「1周回って」新鮮に映るようだし、年配の外部スタッフはみな「松居さんは昔と変わっていない」とシミジミ語る。

 驚いたのは、誰もが知っている日本を代表するエグゼクティブキャリアウーマンの女性が、「連日、目が離せない」「毎日の楽しみ」と私にLINEを送って来たことだ。彼女はFacebookで「拝啓 松居一代様(中略)可能でありましたら、一話10分の長編ではなく、5分以内にして頂きますと有り難いです」とコメントしている。多忙な彼女にとっての10分は、2時間ドラマほどの長さに感じてしまうのかもしれない。もっと簡潔に、もっと短尺で、という依頼。たとえば『ひよっこ』(NHK)の一週間分を5分ダイジェストで見るパターンということだ。

 先日、ベテランワイドショースタッフらと情報交換をしたところ、今年6月、松居が伊豆の温泉で英気を養っていたという目撃情報や、船越の不倫相手とされる女性の情報をハワイまで掴みに飛んだ際、「楽しそうにしていたらしい」という話も聞いた。

 いまの松居劇場を、「『週刊文春』の記事が自分の思い通りにならなかったことで、目論見がはずれた松居さんが慌てて発信しているように見える」とする芸能関係者は多い。

 件の伊豆やハワイでの松居は、松居砲という名の文春砲が、船越をコテンパンにやっつけると信じ、余裕に浸っていたのかもしれない。

 ここで、思うことがある。約四半世紀前、松居一代は自ら撮影したムービーや写真をワイドショーに提供し、自ら再現VTRにも出演し、自分がいかに苦労をしたか、傷つけられたか、恥をかかされたか…などを独白してくれた。私を含め、当時のワイドショースタッフは、ほぼ100%、松居に乗っかるカタチでオンエアしてきたのだけれど…、それは全て真実だったのか?ということだ。

 まだ、どこの局も掘り出していないネタに、「我が家のクリーニング代はゼロ円なんです」と松居が言い、布団までをも自宅のバスタブで洗い、水分を含んで重たくなった布団を背負い、階段で屋上まで行き、干す…という話がある。このVTRがきっかけとなって、松居は「家事の達人」として、またワイドショーで持てはやされることとなるのだ。

 そんな松居家に外国人のお手伝いさんが居て、掃除は彼女がしているのではないかということをかつてスクープしたのは『女性セブン』で、松居にとって同誌は当時から天敵だったワケだが(苦笑)、そうした“真実”を突き付けられると、あらゆる手段を使って反論してくるのも松居一代だった。

 そして、もう一つ、どこの局も気づいていないのは、船越がMCをつとめる『ソロモン流』(テレビ東京系)について、である。松居が船越の出演ドラマの番宣ハガキを手作りし、関係者に郵送。街中でも一般の方たちに配布していたのは有名な話だが、その頃、「私も大好きな番組」とのキャプション付きで『ソロモン流』のPRにも熱心だった松居一代。当時はまだ珍しかった、俳優が情報番組のMCになったこと。それが我が夫だったことを松居は、とても喜んでいたのだ。

 が、その『ソロモン流』に出ていた二人の女性が、今回、松居が船越の不倫相手だと疑っている“有名人”。同番組に出た女性出演者はまだまだ居るので、今後また、思わぬ相手に“松居砲”が発射されるかもしれぬ。

 さて、このように度重なる逆境にも一人で闘ってきた松居に、中年女性たちが少なからずシンパシーを感じているのは事実。松居と同時期に離婚を経験し、悲しみに暮れるだけだった私もまた「なぜ、松居さんは、こんなにバイタリティーにあふれているのだろう」「なぜ※夫の不倫相手に立ち向かえたのだろうか」と尊敬の念に似た気持ちを抱いた記憶がある。

 しかしそれは、繰り返しになるが、松居一代から発せられるエピソードの数々に嘘がなかったならば…に限られる。松居に「成功体験」があるならば、その片棒を担いできてしまったのはワイドショーやスポーツ紙、週刊誌などの芸能マスコミなのである。

 とはいえ、そうした媒体を通じて発信されてきた“昔の松居劇場”には、わずかながらストッパーがあったし、いまで言う「コンプライアンス」的な決まり事が全くないわけではなかった。しかし、YouTubeやTwitterをメインとした“今の松居劇場”には、それらが全くないのである。

 今は自戒しつつ、見届けるしかない。