大阪が宮根なら、名古屋には石井がいる――テレビ界でそう言われるのがCBCテレビの石井亮次アナ(40才)である。全国ネットになって3年目となる『ゴゴスマ〜GOGO!smile!』(TBS系)の司会として日増しに注目を集める存在に。フリー説までささやかれる実力派地方アナの魅力はどこにあるのか? コラムニストのペリー荻野さんが分析する。 

 * * *
 いつかこんな日がくるような気がしていた。CBCテレビ石井亮次アナの『サンデージャポン』出演(7月9日)である。

 石井アナといえば、2013年にスタートした『ゴゴスマ〜GOGO!smile!』の司会でおなじみ。2015年に全国ネットになって以降は、日本中で親しまれる存在に。じわじわと人気を集めてきた。その司会の特長は、爽やかさとともに漂う小さな毒っ気。たとえば、最近の話題では、やっぱり松居一代問題。同時間帯のライバル番組『ミヤネ屋』も『直撃!グッデイ』もそろそろこのネタを持て余し始めたかに見えた時期。

『ゴゴスマ』では、松居が“潜伏”しているという「カプセルホテルとはどんなところか」を説明したのだった。さすが『サンジャポ』でも、「昼下がりのマダムに大人気」と紹介されていた石井アナの番組である。マダムはなかなかカプセルホテル、行かないですから。この気配りと、同時に「負け戦はしない」「戦いは今」などと勇ましい松居に対して、「何と戦っているんでしょうか?」と鋭い一言も忘れない石井アナ。

 その後、「本当にほじくり返して申し訳ない」と言いつつ、スタジオの山路徹に夫婦間のごたごたとか、ワイドショーに取り上げられることはつらいかとかを聞くって。なかなかの技の持ち主だと感服した。実際、『サンジャポ』が行った街頭インタビューでも多くの女性たちから石井アナについて「見てる見てる」「上司にしたい」、中には「合格」と言うマダムもいるなど、好感度の高さがうかがえた。

 そんな石井アナについて、私はひとつ気になることがあった。いつも衣装のジャケットやパンツがとてもぴっちりとしていることだ。『サンジャポ』でも朝の番組だからか、白地にストライプで昼よりもさらにサラサラ感が漂う装い。そしてぴっちり。もちろん、スタイリストや衣装協力があってのことだとは思うが、もう少しゆとりがあってもよいのでは?と思っていた。

 その謎が『サンジャポ』出演で解けたのである。いつものようにさまざまな話題に対してコメントを求められたり、途中、石井アナの素顔に迫るコーナーも登場。その中でエゴサーチを欠かさないと言われた際には、検索の結果、自分の第2ワードが「嫌い」で、しかし、宮根誠司、安藤優子も同じ。でも船越さんは「ノート」だったと解説。また、ジョージ・ルーカスが営利目的でサインを求める人たちに苦言を呈した話題に対しては、自分と妻が京都で偶然、木村拓哉に出会った話をする。爆笑問題にも指摘されていたが、どう考えても話をバッチリ用意していたのだった。

『ゴゴスマ』コメンテイターの友近からは、「芸人のように面白いのに、前へ出てない奥ゆかしさがよいところ」と評されてた。奥ゆかしさ。それだ! 大事な場面ではしっかり声を出すが、それ以外では、なるべくちっちゃく画面を占領しない。そのためのぴっちり小さめ。

『サンジャポ』では、たいていキャスター、司会者に気を使うコメンテイターが多いのに、『ゴゴスマ』では石井アナには誰も気を使っていないとも言われていた。その空気作りにも奥ゆかしき“ぴっちり”作戦は役立っていると見た。