7月12日スタートのドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が、初回視聴率11.6%と好発進を切った。キャッチフレーズは「史上最強の箱入り娘」。高畑充希(25才)演じる大学生の加穂子は、朝は自力で起きられず、着る服も自分では選べないほどの超甘やかされっ子。毎日駅まで車で送迎され、就職活動もコネ頼みという筋金入りだ。

 カホコを過剰に甘やかす母・泉を演じるのは黒木瞳(56才)。そして、泉の母、つまり加穂子の祖母にあたる初代役を三田佳子(75才)が好演している。

「正直、2人ともよくこの仕事を受けたな、と思いました。というのも、ドラマのタイトルよろしく、2人とも実生活でも超がつく『過保護母』で知られてますからね」(芸能関係者)

 黒木は1991年に一般会社員と結婚、1998年に長女を出産した。

「娘さんへの入れ込みようは半端なくて、幼少からバレエや楽器など習い事に力を入れていました。それもこれも、娘さんを自分と同じ宝塚に入れたかったからだったそうです。結局、その夢は叶わなかったみたいですけど、娘さんが通っていた超名門私立校でも黒木さんの『過保護』ぶりは有名だったようです」(前出・芸能関係者)

 一方の三田は、1974年にテレビプロデューサーの男性と結婚。翌1975年に長男、1979年に次男が誕生した。

「その次男は、高校在学中の18才のときに覚せい剤取締法違反で逮捕。三田さん夫婦が多忙なこともあって年齢に見合わないほどの多額のお小遣いを幼少から与えていたことがわかると、三田さんはあまりに『過保護』で非常識だとバッシングされました。その後、次男は2回覚せい剤で逮捕され実刑判決も受けましたが、いまだに生活費の援助などは三田さんが行っているそうです」(別の芸能関係者)

※女性セブン2017年8月3日号