大英帝国のヴィクトリア女王の半生を描いた歴史ドラマ『女王ヴィクトリア 愛に生きる』(NHK)が、7月30日に開始する。その試写会が7月18日に行われ、ヴィクトリア女王の声の吹き替えを担当した女優・蓮佛美沙子が登場した。

 大英帝国が栄華を極めた時代に、63年にわたって君臨したヴィクトリア女王の即位から夫となるドイツ人男性・アルバートとの出会い、結婚までを描くこのドラマ。蓮佛は、女優デビューから11年にして、声優の仕事は初挑戦。「元々好きではなかった低い自分の声も好きになりました」と語り、新境地に到達したようだ。ドラマは全8回。

撮影■矢口和也