数々のTV番組に出演し、写真集も多数出してきた小島可奈子。この度新たなスタートを切ったが、実は30歳の時に、自分で撮っていた未発表のヘアヌード写真がある。7月21日発売の週刊ポストでそれらの写真が公開されているが、彼女はいま、何を考えているのか。小島が過去の自分とこれからの自分を語る。

 * * *
 20代の頃はヌードの依頼をたびたびいただいては、お断わりしていました。そのことで事務所のマネージャーとも意見が合わず、常にヌードのことが壁になっていました。ただ、この仕事をしている以上、求められることができないのでは、表現の幅が狭まってしまうということも自覚していました。ヌードになることが人生の課題のようにのしかかって、20代の私はいつも悩んでいました。

 2005年に30歳を迎えて、いつまでも若くはいられないことを実感すると、これまでやれなかったことに挑戦して壁を乗り越えたくなったんです。そこで、友人のカメラマン、スタイリスト、ヘアメイクに声をかけて、女性だけのチームを作って2泊3日で沖縄にロケに行きました。

 周りが女性ばかりといっても、人前で全裸になるのはやっぱり恥ずかしいし、怖かった。長年グラビアをやってきていても、脱ぐことが平気なわけじゃないんです。それでも、当時、若かった私たちは「自分たちの作品を創りあげよう」と燃えていて、私も羞恥心を捨てて撮影に没頭しました。皆、私と同じように、表現したい何かを抱えてもがいていたんですね。

 この作品は、本当は世に出すつもりはありませんでした。情熱だけが空回りして、仕事でスタッフさんに用意していただいた環境で作った作品と比べると見劣りしてしまうような気がしていたんです。でも、縁あってポストさんに声をかけていただいて約12年ぶりに写真を見てみると、一生懸命だった頃の自分たちの姿を再確認して、誇れる作品だと気がつきました。

 この7月から自分の会社を立ち上げ、経営者として第2の人生を歩みます。表に出すことはないと思っていたこの写真を雑誌でお見せするのは、今回を最後とするつもりです。

【プロフィール】小島可奈子(こじま・かなこ)/1975年9月17日生まれ。福岡県出身。身長160cm、B85・W59・H86。1996年に芸能界デビュー。バラエティや映画、ドラマなどで活躍した。2011年2月に一般男性と結婚し、拠点を福岡に移す。2013年11月に第一子(女児)を出産。出産後、心理カウンセラーとして活動する中で不妊に悩む多くの女性と出会う。自身の妊活体験をもとに不安や悩みを解消できる安心安全な商品を提供するため、今年7月に通販会社を設立し、代表取締役に就任。女性の心身の健康に貢献するべく力を注いでいる。

撮影■澁谷かの子

※週刊ポスト2017年8月4日号