今、最も旬な役者は誰か。おのおの見解は分かれるところだろうが、ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が今期の注目作に言及した。

 * * *
 この夏のドラマを最高に楽しむ私なりの方法とは……今ダントツ注目を集める俳優を、「ステレオ」方式で味わう、という鑑賞法です。

「ステレオ」は言わずと知れた、ツースピーカー。左右2つのスピーカーからそれぞれ音が出てくるからこそ、モノラルに比べてぐっと臨場感が増すことは、みなさん実感されているはず。

 では、なぜステレオ再生だと臨場感が増すかといえば……?

 左の耳と右の耳から飛び込んでくる音は、角度や音量、質などが違う。その微妙な「違い」を感知することによって、音がより立体的にリアルに感じとれるわけです。

 さて、2017年の夏は、ある俳優の演技を「ステレオ」方式で堪能できる貴重なチャンス。

『ひよっこ』(NHK朝ドラ)で、ヒロイン・みね子(有村架純)の恋人になった島谷純一郎は佐賀県の資産家のご子息、慶應大学生という設定。優等生的まったり感が漂う。ガツガツせず、余裕のあるお坊ちゃんタイプ。

 一方、『過保護のカホコ』(日本テレビ系、水曜午後10時)でヒロイン・加穂子(高畑充希)の相手役・麦野初は、淡泊でラフ、無駄が嫌いな現代っ子。ズバズバっとした物言いの芸術系大学生。「親から自立する気があるのかよ?」「お前みたいな過保護がいるから日本がダメになるんだよ!」と、加穂子に向かってゾンザイな口調でグサグサ本質に斬り込む。

 両方とも、大学生の役。なのに、2人の男子の違いを1人の俳優がぴしっと演じ分けている。島谷は、静かに語る。上品に座る。ゆっくり動く。麦野は、大声で語る。手足を大きく動かす。スピード感がある。

 それを「ステレオ」方式で鑑賞するという至福。そう、二つの人間像が重なるところに、「竹内涼真」という存在が立体的に立ち上がってくるのです。

 ちなみに、ステレオで最高の音が鑑賞できる座り位置のことを「スイート・スポット」と言いますが、この夏はテレビの前に、まさしくドラマの「スイート・スポット」が出現。ということで今期ドラマで期待したい「男優」が竹内涼真さんだとすれば……「女優」の方は?

 まず、浮かぶのが『カルテット』で小悪魔的謎めいた人物を見事に演じきった吉岡里帆さん。大きな話題を集めましたが、それだけに今期はどうか? 『ごめん、愛してる』(TBS系日曜午後9時)で、不器用で素直になりきれないヒロインの凛華を演じ、相手役には長瀬智也、坂口健太郎が。原作=韓流だけあって、情の絡む濃さそうなラブストーリーです。

 はてさて、韓流ドラマをいかに吉岡風に料理して視聴者を揺さぶってくれるのでしょうか?

 一方、『逃げ恋』で新境地を見せた新垣結衣さんは『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命−THE THIRD SEASON』(フジテレビ系月曜午後9時)に出演中。フライトドクター・白石恵として医療現場を采配する頼もしさ。久々に月9初回が二桁発進で16.3%を記録し、局内は沸いているもようです。

 前作の『逃げ恋』が、契約結婚に社会派ラブコメ、恋ダンスと個性派ドラマだっただけに、今作のガッキーはいかに? どんな新たな魅力を見せてくれるのか? 

 どうか、ありがちな緊迫医療現場+恋愛エピソードといった凡庸だけには陥らないことを祈っています。何と言っても、役者は懸命に演じることが仕事だけれど、設定やストーリーそのものを変えることはできないのですから。