その日、東京・南青山のジャズクラブ『ブルーノート東京』のロビーには、赤やピンクの色とりどりの花々が並べられていた。赤いドレスに身を包んだ本日の主役は重厚なドアから入場すると、割れんばかりの拍手で迎えられて笑みをたたえる。客席には明石家さんま(62才)、その前に市村正親(68才)。別のテーブルには笑福亭鶴瓶(65才)、豊川悦司(55才)、藤原竜也(35才)、中村勘九郎(35才)と豪華な顔ぶれが並ぶ。出演中の連ドラで共演している長瀬智也(38才)のほか、嵐の二宮和也(34才)や関ジャニ∞の大倉忠義(32才)も出席。パーティーが始まると、松本潤(33才)が料理やお酒を運ぶ姿まである。

 出席者が「年末特番よりも豪華」と目を見張ったのは、7月17日に行われた大竹しのぶ(60才)の還暦を祝う誕生パーティー。半年前に大竹自身が会場を取り、予算や構成はもちろん、案内状の手配まで行う気合の入れようだった。

「パーティーのタイトルは『大竹しのぶと60人の男たち』。大竹さんが“公私ともに仲のいい男たちを全員集めちゃおう”と言って4年前から計画していたそうです。男性陣だけでも錚々たる顔ぶれですが、他にも綾瀬はるかさん(32才)、木村佳乃さん(41才)、キムラ緑子さん(55才)、清水ミチコさん(57才)など女性陣も華やか。総勢200人近くが多忙なスケジュールの合間をぬって出席していました」(出席者)

 規模も顔ぶれもさすがは大竹しのぶ。パーティーでは出席者がマイクで口々に大竹との思い出を話し、感謝の気持ちを伝え、芸やトークのパフォーマンスで会場を沸かせる。なかでも盛り上がったのが、やはり前夫のさんま。

「大竹さんと事実婚状態だった野田秀樹さん(61才)に向かって、“なんで(大竹と)結婚してくれなかったの”と言った時は大爆笑。野田さんも笑っていましたが、一応2人の共通の知人である鶴瓶さんが気を使い、双方の席でフォローに回っていました」(前出・出席者)

 しかし、パーティーはそう“ちゃんちゃん”とは終わらなかった。会も半ば、ビール、ウイスキー、日本酒とハイペースで飲み続けていた古田新太(51才)が大きな声で不満を口にし始めた。

「さんまさんに向かって“師匠、これはイタいですわ”と愚痴り、なだめる市村正親さんにも“アンタ!”と絡み酒でした(苦笑)」(別の出席者)

“これ”とはパーティーの会費、2万5000円のこと。

「大竹さんから“来て!”と言われた招待にもかかわらず、全員が会費を徴収されたうえに、2万5000円という値段設定。その日のためにドレスやヘアメイクを頼んだ人もいるし、財布を開きながら苦笑いの人も確かにいました」(前出・別の出席者)

 それだけ豪華な共演が見られるうえに、西川貴教(46才)、RADWIMPSの野田洋次郎(32才)、ゴールデンボンバーが歌を披露するなど出し物も超一流。チケット代だと思えば…という気もするが、どうにも古田は納得のいかない様子。

「食事はさておき、ドリンクの制限も意外に厳しくて、焼酎が別料金って言われたんです。古田さん思わず“どういうこっちゃ!!”と叫んでしまって…。それがRADの野田さんの歌唱中だったので、大竹さんの息子・二千翔(にちか)さんに連れられパーティーを締め出されていました」(前出・出席者)

 大竹らしく、第二の人生も波乱含みの幕開けとなった。

※女性セブン2017年8月10日号