「あの黒い人は一体何者!?」とウワサの番組、『陸海空 こんな時間に地球征服するなんて』(テレビ朝日系、毎週火曜23時15分〜)の勢いがすごい。7月2日にゴールデンタイムで放送されたスペシャル版は、都議選特番や『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の裏で視聴率9.8%と大健闘。一躍注目を浴びた。

 人気の理由は、なんといっても“ナスD”と呼ばれるテレビ朝日社員・友寄隆英ディレクターの破天荒っぷり。放送コードギリギリの活躍は芸人顔負けだ。番組MCのバイきんぐ・小峠英二はこう称える。

「ナスDは、汚い川で獲れた魚をそのまま頭から食べたり、本来やらなくていいことをやっちゃいますから。ネジが2つ3つじゃない、6つ7つ飛んでないとできない(笑い)」(小峠)

“部族アース”でナスDとロケを共にするU字工事には、「たまったもんじゃないですよ(笑い)」と同じ芸人として同情。しかし、この破竹の勢いにより、なんと10月改編でプライムタイム(午後7〜11時)進出も決定した! ゴールデンタイム進出(午後7時〜10時)にも期待がかかるが…。

「進出してほしかったですが、そうなると(放送コードの)規制が厳しくなりますから。いっそ、早朝5時から放送とかアリかもしれませんね。朝からあんな映像、誰も見たくないでしょうが(笑い)」(小峠)

 一方で、その真摯な番組制作の姿勢を評価する声は多い。

「部族アースの他にも、アース別で5つのルートがあり、1時間の放送枠を奪い合っている形です。サンシャイン池崎さんなど旬なかたも出ていますが、出演者のネームバリューではなく、あくまで反響の大きさで放送時間の優先順位を決めている。それも魅力のひとつです」(テレビ解説者の木村隆志さん)

 反響重視の手法は、『イッテQ!』も同じで、イモトアヤコ(31才)のポジションを、ナスDが担っている。

 ゴールデンタイムを征服する日もあるかもしれない!?

撮影/中村功

※女性セブン2017年8月10日号