お受験組にとって勝負の季節となる夏本番。最近はお受験ママならぬ“お受験パパ”が増えているが、お笑い界も例外ではなかった。7月中旬、「親子模擬面接」に参加したのは、さまぁ〜ずの大竹一樹(49才)の妻で、元フジテレビアナウンサーの中村仁美(38才)。

「中村さんはお受験ルックで手堅い濃紺のスーツでした。ベテランアナの中村さんだけに、模擬面接の会場でも緊張するそぶりはありませんでした」(居合わせた参加者)

 大竹は、2012年に誕生した長男を生後3か月で脳科学を使った指導をする教室に通わせたほど教育熱心で知られる。模擬面接のわずか1週間後、都内の有名幼児教室で開かれた受験セミナーには、次はパパの大竹と息子の姿があった。

「酷暑の日でしたが、大竹さんは長袖の白シャツに黒のパンツという清潔な服装で、午前中から3時間を超える授業を教室の後ろで熱心に聞いていました。トレードマークの伊達めがねはふざけた印象を与えるので外していたんでしょうね。忙しい合間を縫っての参加なのに、授業を受ける子供の背中をずっと見つめていましたよ」(セミナーの参加者)

 セミナーが終わると大竹はマスクに黒いニット帽を被り、近くの庶民的なラーメン店で息子と遅めの昼食。さすがに暑かったのか、店を出る時には長袖の白シャツを脱いでTシャツ姿に。

 食事の後は車で帰るのではなく、最寄り駅まで歩いて、自動販売機での切符の買い方を息子に「ここを押すんだよ」と、時間をたっぷりかけて教えていた。

 品川庄司の庄司智春(41才)もテレビの「裸芸」からは想像できない教育パパぶりを発揮している。

「庄司さんは息子を小学校受験に強い有名幼稚園に入園させました。芸能人の子供の多いセレブ幼稚園ですが、昨秋に行われた運動会で彼は大勢の芸能人パパのなかで唯一、保護者参加競技の綱引きに参加。必死の形相で綱を引き、“熱血パパ”ぶりをアピールしていました」(庄司の知人)

 そんな庄司が頼りにする「先輩パパ」が、ネプチューンの名倉潤(48 才)だ。

「名倉さんの長男は庄司さんの子供が通うセレブ幼稚園を卒園後、第一志望だった名門小学校に合格しました。庄司さんは名倉さんを尊敬して、受験スクールの選び方や受験に有利な習い事などを熱心に聞いて実践中です」(前出・庄司の知人)

 一方で夫婦間の意見が食い違っているのが、FUJIWARAの藤本敏史(46才)と木下優樹菜(29才)だ。通常、お受験は妻が積極的になることが多いが、この夫婦は夫が熱を上げている。

「4才の長女が来年、小学校受験を迎えますが、公立で自由にのびのび“ヤンキー暮らし”をしてきた木下さんが公立志望なのに、藤本さんは『娘は私立に行かせたい』の一点張り。お互いの意見が対立して、ガチの夫婦げんかになることもしばしばです」(藤本を知る関係者)

 こと娘の教育に関しては、恐妻家の藤本も妻の言うことを聞かず、教育パパの道をひた走っている。

「木下さんは芸能界にママ友を作っていないので、藤本さんが芸人仲間にいろいろとリサーチしているようです。芸能人御用達の幼児教室にも、藤本さんが娘を連れていっているそうです」(芸能関係者)

 夏を制する者がお受験を制す。芸能人パパたちが決してテレビ画面で見せない奮闘が続く。

※女性セブン2017年8月10日号