24才年下のアイドル・菊池梨沙(22才)との熱愛が報じられたTOKIOのリーダー・城島茂(46才)。結婚を期待する声も多かったが、ふたりの間に距離ができてしまったという。

 柿酢を口にすれば、「ホームラン級のカキーンとした当たり」と声を張り上げ、釣り上げたイカを手にすると、「ご挨拶してください。はいはい、イカが〜?」と語りかけ、上手にカニが食べられないと、「いかに、カニを普段食べてへんかやな」と饒舌そのもの。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)では、TOKIOの城島のおやじギャグが冴えわたる。

 7月22日、福島県をPRする「ふくしまプライド。」の新CM発表会でもリーダーは“絶口調”だった。取材陣から「結婚は近いですか?」と聞かれた城島は、立ち止まってこうつぶやいた。

「今日は“ふくしまプライド”のお話なので“城島ブライド”はちょっと…」

「プライド」と「ブライド(花嫁)」を引っかけた後、撮影用のキュウリを取り出して、「キュウリ(急に)言われても」と、得意のダジャレで質問をかわした。

「この日、城島さんはあのアイドルとの熱愛報道後、初めての公の場だったので、みんな恋の報告を待ち構えていたんです。ただ、明るく振る舞おうとしていても、どこか寂しそうな様子もあって…」(芸能関係者)

 本誌・女性セブンが城島と24才年下のアイドル菊池梨沙との本気の恋を報じたのは6月初旬のこと。バングラデシュ人の父と日本人の母を持ち、身長157.5cmでEカップの抜群のプロポーションの菊池が、連日、城島のマンションを行き来する様子が見られるなど、熱い恋の様子をお届けしたばかりだ。

「交際は2年ほど前から。城島さんのひと目惚れだったそうです。24才差ですけど梨沙ちゃんは“シゲルくん”って呼んでいます。純愛というか、城島さんは親御さんにも梨沙ちゃんを紹介しているし、普通のカップルより大まじめな交際だと思いますよ」(ふたりの知人)

 城島は、少年隊をのぞけばジャニーズ内の活動グループでは未婚の最年長。“農業が本業。アイドルは副業”といわれるキャラで、ファンからは老後の生活を本気で心配されていた。そんな彼に、ついに訪れた本気の恋にホッと胸を撫でおろした人も多かった。だが──。

「最近の城島さんは、バーでひとりで飲んでいることが多いんです。あんなにいつも一緒にいたのに。どうも報道が出てからふたりの間に距離ができてしまったようなんです。梨沙ちゃんは公に“城島さんの恋人”となったことに窮屈さを感じているようで」(前出・ふたりの知人)

 46才と22才。人生の後半に差し掛かり「家族が欲しい」と考える大人の男性と、社会に出たばかりで「いろいろな経験をしたい」と目を輝かせる若い女性のすれ違いは大きくなっていったようだ。

「梨沙ちゃんは今後は芸能活動を抑えつつ、小説家を目指したいという夢もある。城島さんのことは好きだけど、年齢とかを考えると急に結婚とかが現実味を帯びたように感じたんだと思います。『まだ全然そんなの考えられない』と周囲に漏らしていました。最近はふたりきりで会うのは避けているみたいで、会うときはなるべくみんなでって感じみたい。このままフェードアウトするようにサヨナラするつもりなのかな…。もったいないと思うんだけど」(前出・ふたりの知人)

 城島にしてみれば、こんなに大切にしている彼女が離れていくとあっては、心中穏やかではないようだ。

「城島さんはこの恋が公になるとうまくいかないんじゃないかと心配していましたが、それが現実味を帯びてきてしまいましたね。22才の女の子には城島さんの本当の魅力に気づくのは難しいかもしれませんが、今が正念場。乗り越えてほしいですね」(前出・芸能関係者)

“城島プライド”を見せてほしい。

※女性セブン2017年8月17日号