「渡辺直美さん(29才)はその日、何度も何度も歯を磨いていました。そんなに磨いたら、歯茎から血が出るんじゃないかと思ったほどです」(ドラマ関係者)

 しかし、彼女にはどうしてもそうしなくてはならない理由があった…。渡辺が主演を務める『カンナさーん!』(TBS系)が注目を集めている。

 役柄は、超ポジティブなスーパーママ。雇われデザイナーとしても忙しい日々を過ごしているが、悩みの種はイケメンすぎる夫のゲス不倫と、理不尽なドS上司。

 それでも、持ち前の明るさで前を向いて進んでいく。これまでのところ平均視聴率は12%オーバーで、今クールでは横綱『コード・ブルー』(フジテレビ系)に次ぐ好成績だ。

 これがドラマ初主演の渡辺。バラエティーには慣れているが、さすがにドラマの現場は緊張しっぱなし。初回に夫役の要潤(36才)とのキスシーンがあったことが、さらに渡辺をガチガチにした。

「キスシーンがあると知った渡辺さんは歯医者で歯石をとってホワイトニングもし、撮影前にはきれいに仕上げたそうです」(芸能関係者)

 さらには、食事も我慢。

「キスシーンの撮影は昼過ぎだったのですが、口臭を気にしてランチを抜いていました。ただ、緊張もあって、空腹は感じていなかったみたいですが(笑い)」(前出・ドラマ関係者)

 極限状態にあることを知ってか知らずか、「次はチューのシーンです!」と盛り上げるスタッフもいて、渡辺の緊張はピークに。

「その言葉がきっかけで汗が滝のように出て、ファンデーションを塗り直すことに(笑い)」(前出・ドラマ関係者)

 そんな渡辺を救ったのは、演技経験が豊富な要だった。

「優しく、音がチュッと鳴るキスをして、OKが出た後も特に何もなかったかのように自然に振る舞っていました。ただ、渡辺さんは女芸人なのに笑いもとれず、自分だけ本気でドキドキしていたのが恥ずかしかったようで、平常心を一生懸命、装っていましたよ」(前出・ドラマ関係者)

※女性セブン2017年8月17日号