日曜日の東京・神保町──普段なら古書店巡りを楽しむ人たちであふれる街だが、この日は大勢の女性が熱気ムンムンで行列を作っていた。彼女たちのお目当ては、俳優の竹内涼真(24才)。7月30日、写真集『1mm』の発売を記念した握手会が開催されていたのだ。

 10代から子連れの主婦まで幅広い世代の女性ファンたちは生・竹内に大興奮。感動のあまり、涙を流す女性もいた。

 この日、竹内が握手をしたファンはなんと総勢1500人。4時間以上の長丁場だったが、会場を出る際も疲れたそぶりひとつ見せず、残念ながらチケットが手に入らなかった出待ちの女性ファンたちに“竹内スマイル”を届ける「神対応」。最後はさわやかに手を振り車へと乗り込んだ。

 竹内の人気に火がついたのは連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)。有村架純(24才)演じるヒロイン・みね子の“初恋のお相手”となる大学生・島谷純一郎を演じた。地方出身の農家の娘に、大企業の御曹司という “王子様”が恋心を抱く少女マンガばりのストーリーに女性ファンは虜となった。

 スタート当初、『ひよっこ』の視聴率は伸び悩んだ。しかし、島谷とみね子の恋が始まると、視聴率は急上昇し、20%超を連発。

「ふたりがじゃれあってる時に、島谷さんがみね子の顔をギュっと挟む『顔ムギュ』シーンには朝からドキドキしてしまいました。私もされたいって…(照)でも、だからこそ島谷さんがいなくなってしまったのがつらくて、悲しくて…」(『ひよっこ』ファンの50代女性)

 ご存じの通り、ふたりの淡い恋は悲しい結末を迎え、島谷は『ひよっこ』から姿を消してしまったのだ。突然の“退場”に、女性ファンの間には今深刻な「島谷ロス」が広がっている。

 この空前の“竹内フィーバー”について、イケメン評論家の沖直実さんが解説する。

「今、福士蒼汰くん(24才)や坂口健太郎くん(26才)、千葉雄大くん(28才)のようなスイートな魅力のある“甘系男子”がブームのなか、竹内くんは5才から16年間、Jリーグの下部組織でサッカーをやっていたということもあって、規律を重んじたり、礼儀を重んじるといった、本格的な“体育会系男子”ならではの品の良さが新鮮なんです。またサッカーで鍛え上げられた筋肉も神々しいです」

◆絶対にサッカー選手になります!

 1993年、東京郊外に生まれた竹内。弟妹思いの優しいお兄ちゃんで、幼い頃から父親とサッカーボールを蹴って遊んでいたと当時を知る近所の住民は振り返る。

「泣き虫な子でしたね(笑い)。お父さんに“下手クソ!”と茶化されると“だって、うまくできないんだもん”ってメソメソ泣いていました。

 でも、涼真くんは長男だから、お母さんの帰りが遅いときは、弟妹の面倒をよくみていましたよ」

 Jリーグの名門・東京ヴェルディの下部組織であるヴェルディサッカースクール相模原に入団するとめきめきと頭角を現す。当時、竹内を指導していたコーチが言う。

「かわいい顔をしていましたが、体は大きくて大人っぽかったですね。ディフェンダーだったんですけど、プロを目指せる体格と才能を持っていました。

 いつもニコニコしていて、チームメートからも好かれていましたよ。当時から人を惹きつける魅力を持っていたと思う。だから、竹内には“サッカー選手になれなかったら芸能人になれ”と言ったんです。そしたら“ぼくは絶対にサッカー選手”になりますって笑っていました」

 高校入学と同時にサッカーのエリートが集まるヴェルディのユースチームに昇格。だが、そこで挫折を味わう。竹内は当時の心境を過去のインタビューでこう語っている。

《中学生まではサッカーが上手くてヒーローだった。でももっとレベルの高い人たちがいるチームに入って、そこで怯んじゃったんです。“あ、敵わないのかな”って。ネガティブになってしまった》

 サッカーへの未練を断ち切るため、恩師の言葉通り、芸能界の扉を叩く。2013年4月、雑誌の専属モデルオーディションに応募し、グランプリを獲得して芸能界デビュー。翌年10月、デビュー以来、目標と掲げていた『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で主演の座を射止めた。

 竹内の活躍は弟妹にとっても自慢だったようだ。

「弟さんは“涼くんがオーディション受かった”とか“涼くんが仮面ライダーになるんだよ”と嬉しそうに報告していましたね(笑い)」(近所の飲食店店主)

 以降は『下町ロケット』(TBS系)や映画『帝一の國』など、次々と話題作に出演。挫折を乗り越えるために芸能界でがむしゃらに走り続けた結果が、“朝ドラヒロインのお相手役”という大役となった。

※女性セブン2017年8月17日号