〈もう暴露系のお話はできないのですがそれ以外の内容であれば〉──LINEで記者にそうメッセージを送ってきたのはグラビアアイドル・A(32)。今年1月に『週刊新潮』で報じられた俳優・袴田吉彦(44)の不倫の相手女性である。袴田がAとの逢瀬に「アパホテル」をたびたび使っていたことや、そこで毎回メンバーズカードにポイントを貯めていたことも報じられ、「アパ不倫」と称された。

 不倫相手のAは、当初の記事では匿名の扱いになっていたが、その後、テレビ番組などで実名インタビューに応じた。そのなかで他の男性芸能人とも肉体関係があったことなどを告白してさらに話題となり、4月にはフルヌード写真集を発売──袴田とのアパ不倫をきっかけに、一躍メディアの注目を集めていた。

 不倫報道から7か月以上が経っての活動ぶりを聞くべくAに改めてコンタクトした際の返信が冒頭の文言だ。暴露系の話はNGとしつつも、翌日に電話で連絡を取り合う約束となったが、当日になって〈今はお話できることはないと思いました…芸能活動は休止中でして、今はプライベートを大切にしたいと思っています〉とのメッセージが送られてきて、それ以降の連絡は途絶えた。

 一体何があったのか。所属事務所に連絡すると「うーん、彼女は色々あって、6月に退社しているんですよ」と本当に活動休止状態のよう(袴田の所属事務所はAについて「一切連絡をとっていないので、現状でお話しできることはありません」と答えた)。

 無名のタレントが俳優との不倫をきっかけに全国ネットの番組に引っ張りだことなり、さらに活動休止。その間、たった半年あまり。芸能界の世知辛さがよくわかる。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号