紗栄子(30才)が交際していた会社経営者・前澤友作氏(41才)との関係を解消し、息子とともにイギリスに移住することが発覚した。

 7月下旬の週末、午前10時過ぎ。夏休みとはいえ、まだ海外渡航者は少なく、羽田空港の国際線出発ロビーは人もまばらだった。1人の女性が真っ赤なスーツケースを引っ張り、エレベーターをゆっくりと上がってくる。ロングトレーナーにデニム、ニーハイブーツを身にまとい、丸めがねとキャスケットでアクセントをつけた紗栄子だった。颯爽と歩くその表情は、どこか吹っ切れている。乗り込んだのは、英国のヒースロー国際空港行きの便だ。

「彼女の2人の息子は、数日前に紗栄子さんの両親に連れられてロンドンに到着しています。紗栄子さんは仕事の都合で、あとから追っかけるように旅立ちました」(紗栄子の知人)

 彼女が乗り込んだのは民間機。パートナーである前澤友作氏のプライベートジェットではなかった。実は、日本を離れるにあたって、紗栄子は重大な決断をしていた。ひとり機内の中で、何を思っていたのか。

 2007年に当時北海道日本ハムファイターズに所属していたダルビッシュ有(30才)と電撃婚。2008年に長男、2010年に次男を出産したが、価値観の違いから2012年1月に離婚した。その後、出会ったのが前澤氏だ。ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』などの運営会社「スタートトゥデイ」の社長である前澤氏は、株だけで年間数十億円稼ぎ、総資産4000億円といわれるスーパーセレブ。事情を知る芸能関係者の話。

「当初から結婚前提の交際で、紗栄子さんは左手薬指に婚約指輪をしていました。海外のパーティーで前澤さんは、“マイ・フィアンセ”と彼女のことを紹介していた。前澤さんのマンションに紗栄子さんと子供たちが一緒に暮らし、同じマンションの別室には紗栄子さんの両親も暮らしていました。それだけ家族ぐるみの信頼関係があったんです」

 前澤氏の地元である千葉県には、「100億円愛の巣」と呼ばれる新居が建設中で、紗栄子と前澤氏のゴールインは近いと見られていた。だが、周囲にとってはあまりに唐突に、ふたりの愛にピリオドが打たれた。

「7月に入って、ふたりは今後について真剣に話し合ったそうです。嫌いになったわけではありません。別れる以外の選択肢もあった気もしますが…でも紗栄子さんの“ケジメをつけたい”という決意は強かったようです。前澤さんも、彼女の意思を尊重するしかなかったんだと思います」(前出・芸能関係者)

◆英王室のプリンスも通った名門校へ

 実はあれほどラブラブぶりを全面に出していたふたりだが、2016年春頃から紗栄子のインスタグラムには前澤氏の姿がパッタリと登場しなくなっていた。

「息子さんたちが学校で、“何で本当のパパじゃないのにパパって呼んでるの?”と言われたことがあったんです。他意はないんだと思いますが、それを聞いた紗栄子さんはこのまま曖昧な形の家族でいていいのかなと思ったんじゃないかな。周囲の目を気遣うようになったのか、それまではお互いのインスタでツーショットを公開したりラブラブアピールしていたのが一切なくなった。今年に入ってからは、彼女の左手薬指には指輪もありませんでしたから」(前出・紗栄子の知人)

 そんな矢先、彼女に大きな転機が訪れた。一枚の合格通知が届いたのだ。別の芸能関係者が明かす。

「実は7月になって、英国の名門私立寄宿学校『A』から2人の息子さんに宛てて『合格』のお知らせが届いたんです。そのため紗栄子さんは2人の子供と英国に移住することを決めたそうです」

 ロンドンの中心地から車で一時間弱の場所にあるA校は設立100年を超える全寮制で、8才から13才までの成績優秀な生徒が通う名門男子私立校。ウイリアム王子、ヘンリー王子など英国王室御用達の超セレブ校でもある。

「紗栄子さんは息子たちに対して“有名人の子供”として色めがねで見られずに、のびのび育ってほしいと思っていました。それに息子たちには将来“世界基準”で活躍してほしいという思いもあったようで、そのためには幼少期から海外の一流の学校に通わせた方がいいという話を聞いて調べていたんです。米国の学校も候補の1つだったんですが、向こうにはメジャーリーグで活躍するダルさんがいますから、メディアに騒がれるかもしれません。そこで、イギリスかスイスの学校を中心に吟味していたようです」(前出・別の芸能関係者)

 A校には入学試験はないが、厳格な書類審査がある。今まで通っていたスクールの成績はもちろん、アートプログラミングなどの制作物、課外活動なども審査される。

「紗栄子さんと一緒に行った震災被災地でのボランティア活動なども高く評価されたそうです。それにお子さんたちはものすごく成績優秀なんですよ。幼い頃からフランス語、英語、アートスクールにスポーツを習わせていて。公文の全国の上位成績者だけ招待されるイベントに毎年参加しているうえに、小学校低学年ですでに中学レベルの教材をやっているほどです。とはいえ、息子たちの合格を知って、喜ぶよりもまず驚いたそうですよ。“まさか受かるとは”と。それほどの超超超名門校ですから。その辺もさすが“紗栄子は何かもっているな”と…」(前出・別の芸能関係者)

 教育熱心なだけでなく、彼女自身も勉強好きなことは意外に知られていない。

「最終学歴は堀越高等学校卒となっていますが、“芸能活動を続けるには大学に入る”と、父親と約束していた彼女は、一浪して早稲田大学に合格。在学中にダルさんと結婚することになったので中退してしまいましたが、もともと学業に強い関心を持っていました」(前出・芸能関係者)

 息子たちの思わぬ超名門校合格を聞いて紗栄子の決断は早かった。

「全寮制の学校ですが、週末は全生徒が自宅に帰って過ごします。遠方の生徒や留学生は『ガーディアン』という現地の親代わりの保証人宅にホームステイする決まりですが、いきなりは大変なので、まずは紗栄子さんも移住して一緒に暮らすことにした。今後は日本とイギリスを行き来する生活になるでしょうね。息子のことはもちろんですが、紗栄子さんも語学をしっかり習うつもりのようですし、次はどんな将来のプランを描いているのでしょうか」(前出・芸能関係者)

 世がうらやむ大エースとも4000億円の大富豪ともスパッと別れた紗栄子が選んだ道は「海外進出」だった。次のビッグニュースが飛び込んでくる日も遠くなさそうだ。

※女性セブン2017年8月24・31日号