現在放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロインを明るく支える叔父・宗男を好演している峯田和伸(39才)。見ているものを和ませる、不思議な魅力を持つ彼の素顔に迫った。

 奥茨城の田園風景から突如、バイクでさっそうと現れたマッシュルームカットの男性。ナレーションでは、「朝ドラには変なおじさんが出てきますよね? なんででしょうね」と、紹介されるほど、強烈な個性を放つ、宗男おじさんこと、小祝宗男を演じたのが峯田だ。あまりの存在感に、「あの人は誰?」と思ったかたも多かったのではないだろうか。そんな中、満を持しての『あさイチ』(NHK)生出演。注目を集めたものの、台風の影響で2度も放送が中止になり、さらに彼への関心は高まった。

「うちの親は、親戚連中に『明日(あさイチに)出る』って言っていたらしいのですが、2回も放送がなくなったので、『しょうがないわね〜』と言いながらも、残念がっていました。ぼくも生放送に出たことがなかったから出てみたかったけど、台風だったから仕方ないですね」(峯田、以下同)

 のちに、収録されたものが放送されたが、自らのことをひょうひょうと語る姿に、ますます“ミステリアス”と注目が集まった。

 俳優としては、映画を中心に活躍している彼の本業はミュージシャン。銀杏BOYZのボーカルとして若者を中心にカリスマ的な人気を誇るのだが…。

「『ひよっこ』を見ている人は、ぼくがどういう音楽をやっているか、知らなくてもいい。むしろ、知らないままでいてほしいんです。ミュージシャンとしての自分も、俳優をやらせてもらってる時の自分も、素の自分とは違います。どの自分も、峯田和伸には違いないけど、例えば、役を演じる時は、自分の中のその役に近い部分を、クローズアップして表現しています。それは銀杏BOYZの時も同じです。どちらの自分でも、好きになってもらえればうれしいので、両方の自分を好きになってもらう必要はない、と思っています」

 大きな声を出し、オーバーアクションで周囲を明るくする宗男と違い、実際の峯田はシャイな印象。おしゃべりではなく、どちらかといえば、伏目がちで言葉を選んで話すタイプだ。そんな彼が饒舌になったのが、宗男同様、ビートルズの話だ。

◆宗男の青春と重なる峯田の青春時代

「宗男みたいなおじさんが、実際側にいたら、めんどくさそう(笑い)だけど、楽しいだろうな〜。ぼくと宗男の共通点は(と、胸のあたりでハートマークを作り…)好きなことに夢中になったり、興奮してワーワー大騒ぎするところかな。それと、ビートルズが好きなところです。

 うちは音楽大好き一家で、父親(季志さん・65才)と祖父(定助さん・故人)がビートルズ好きだったんです。父親は、ビートルズど真ん中の世代なんですが、中学3年生の時に地元・山形のテレビで武道館ライブを見て夢中になり、自分もGSバンドを組んだりしていたようです。

 親が好きなものって、中学生くらいの子供は嫌いなもので、ぼくもビートルズは好きではなかったけれど、高校生になって改めて聴いたら『すげえ、いいな』って思って、そこから大好きになりました。

 だから、宗男があれだけビートルズに夢中になる気持ちは理解できました。ぼくも宗男と同じように高校時代、音楽雑誌を保存用と切り抜き用に2冊買って、ビートルズはもちろん、ブルーハーツやフリッパーズ・ギター、オアシス、ニルヴァーナ…などの写真を、部屋の壁に貼っていたし。今でも実家の部屋は、そのままの状態で残っています」

 彼が高校卒業まで過ごした、山形県東村山郡山辺町の青春時代は、まさに宗男の青春と重なるものだ。

「山形で過ごした時代が、人生でいちばん音楽を聴いていましたね。当時、映画も大好きで、クエンティン・タランティーノ監督の作品や、ロバート・デ・ニーロ主演の『タクシードライバー』などをよく見てました。夜8時になると、シャッターが閉まって、誰も歩いていないような町だったけれど、いろんな情報がない分、貪欲に好きなものと向き合えて、映画にせよ、音楽にせよ、深く吸収できたような気がしています」

撮影/森浩司

※女性セブン2017年8月24・31日号