放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、『週刊文春』が報じた宮迫二股不倫疑惑のお相手について。

 * * *
「文春砲がついに“大本命”に投下された」とMCの坂上忍が苦笑した、『バイキング』曜日MCの一人、雨上がり決死隊の宮迫博之“二股不倫疑惑報道”。

 8月4日(金)、オンエア前の“たまり”(=前室)で「写真誌に張られている」ことを坂上とレギュラーの土田晃之に吐露していたという宮迫。その際、土田が、これだけ不倫報道が続き、それぞれ波紋を広げている昨今、それでも不倫するヤツは…云々と言い、坂上も深く頷くなか、宮迫も「せやな〜」と同調していたという。

 …が、同日エンディング、坂上が“魔の1分間”という、「今日の振り返り」タイムで、件の“たまり”でのやりとりを扱った際、予想外に宮迫が動揺。その一時間後、文春記者の直撃を受けたのだそうだ。

 翌週の9日(水)、文春発売日に合わせ、たっぷり扱った『バイキング』。台本にあった、あるスポーツ関連のネタ(約10分)を飛ばして、曜日MCのおぎやはぎ、アンガールズ、松嶋尚美といった芸人らが、「漆黒」「アウト」など、いじりにいじり倒したのである。

 果たして、宮迫が生出演する金曜日がやってきた。オープニング、坂上と曜日MCのおなじみの3ショット挨拶で、宮迫は最初から頭を下げっぱなしで、なかなか顔を上げなかった。「なんか、言え〜」と相方の蛍原徹にツッコまれ、坂上からも番組で徹底的に追及する旨、伝えられた宮迫は、もうこれまでだと観念した様子だった。

 結果、東国原英夫や片岡鶴太郎ら大先輩を含む芸人に助けられ、バラエティー番組らしく宮迫の不倫疑惑を伝えきった『バイキング』。今春、『女性セブン』で対談した際、「近しいからこそキツイことを言う」「庇ってしまうとマズイ方向に空気を変えてしまう可能性がある」と、“身内”の不祥事にも、厳しい対応をすることを心掛けていると言っていた坂上忍。

 実はこれ、ビートたけしの不祥事に、母の北野サキさんが「死刑にしてください」とおっしゃったことを例にあげ、持論を展開した件の東国原に、坂上が「僕も全くその通りだと思います」と同調したものだったのである。

 宮迫の二股不倫報道に話を戻そう。今回、“お相手”として報じられたのは、小山ひかるという26才のモデルと、竹内結子似の30代“美容系ライター”の二人だ。

 小山は03年、LOVE&PEACEという3人組音楽ユニットでのデビュー歴があり、パラパラで一世を風靡した長州小力のバックダンサーをつとめていたこともあるそうな。京都出身と関西の人であることに加え、小力と仕事をしていたことで芸人との付き合いがあったことは想像にたやすい。

 だが、30代の美容系ライターが、なぜ、宮迫と知り合ったのだろうかと疑問に感じたのは私だけではないだろう。出版業界に精通していれば余計にそう思える。

 そもそも、美容雑誌などに“顔出し”で登場しているライターさんやジャーナリストは、もう少し上の年代だという気がする。それを水曜『バイキング』で指摘したところ、なぜか小木博明が「そうだよね」とリアクションしてくれた。

 美容に特化した女性の物書きが台頭し始めたのは80年代後半のバブル時。女性誌の創刊ブームに乗っかり、ファッション、カルチャー、そして美容は女性誌の三大支柱と言っても過言ではなくなった。

 そうした雑誌に「美容ジャーナリスト」として登場し、シーズン毎に各社から大量に発売されるコスメを全て試し、批評。ときには、広告やタイアップページに一文を寄せたり、名前を伏せて商品開発に係わったりしている人たちの年齢は主に50代〜60代。

 日本の化粧品業界の歴史やトレンドが全て頭に入り、ロングセラーから新製品に一家言もつ人たちである。

 私が知る限り、そうした女性は、みな男性的であり、職人気質。何せ、新製品を全て試すというのは、ものすごい労力が必要だし、なかには自身の肌に合わないモノもあるだろう。

 以前、百貨店の化粧品売り場のプロデュースもしている著名な美容ジャーナリストに聞いたら、「新幹線の中で、何本ものファンデーションのテクスチャーを調べていたら、あまりにも気の毒に思ったのか、パーサーの女性が大量のおしぼりを持ってきてくれました」と。表向きは美しいが、過酷な仕事なのだと驚かされたものである。

 98年に『VoCE』、01年に『美的』、04年に『MAQUIA』と、美容専門誌が創刊されてからは、もう少し下の年代のライターが増えたが、彼女たちも“美容ライター”と呼ばれている。果たして『週刊文春』が記した“美容「系」ライター”とはいったい、どんな人なのか。そして、やはり30代というのは若すぎるのだ。

 ネットでは、ある女性が“特定”されている。それは私が、「この人ではないか」と想像していた人でもある。彼女は確かに美しく、確かに竹内結子にも似ているし、顔の整い方は比嘉愛未にも似ているような気がする。

 件のアラ還、アラフィフの美容ジャーナリストには申し訳ないのだけれど、年齢云々ではなく、ここまで目を見張るような美人というのは美容ライターには見当たらない。いや、エレガントな人はたくさん居るし、コスメに詳しい人たちというのは、ファッション業界に精通している人たちのような『プラダを着た悪魔』的なカッコよさと、いい意味でのエグさを持ち合わせている。

 美容ジャーナリストを皮切りに、会社組織にしている人もいれば、都心にビルを建ててしまったような人も。化粧品会社に頼まれて、発表会でトークショーをしたり、単行本を書いたりと、彼女たちは男性の経営者のように大忙しだ。

 いいとか悪いとかではなく、彼女たちのネットワークに“お笑い芸人”はおらず、男性たちとの飲み会よりは、いわゆる“女子会”や女性コネクションでスキルを上げていくタイプが多いように思う。

 ただ、お笑い芸人のように、美容ライター業界でも「上が閊(つか)えている」のも事実。その中で若い世代が出て行ったり、メディアで目立とうとするならば、SNSを駆使したり、自らがモデルとなって「○○社の△△を使用」した画像をアップしたりしながら寸評を加えたりするという新たな方法で上がっていくしかないのだろう。

 もちろん、それが悪いわけではないし、いまの時代に合っているのは、こちらのほうだという気がしないでもない。ただ、美容ライターとか美容ジャーナリストというのは、もっと男っぽくて骨太な職種なのである。

 文春が、“美容「系」ライター”と、やや軽んじた肩書で彼女のことを紹介したのは、昔から美容ページに定評があり、大御所の美容ジャーナリストがレギュラーをもつ同社の女性誌『CREA』に配慮をしたのか。それとも、「美容ライター」と呼ぶほどの文章力が彼女にないと言いたかったのだろうか…。

 宮迫博之の二股不倫報道。アラフィフ、アラ還の女性編集者や女性ライターは、巷とはちょっと異なる点に引っかかり、まさに“オフホワイト”な心境なのである。