音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、桃月庵白酒(とうげつあんはくしゅ)が、いかにして時代を超えた落語の普遍性を気づかせてくれるかについてお届けする。

 * * *
 落語ファンがエンターテインメントとしての落語を積極的に求めてチケットを買うホール落語と異なり、毎日営業している寄席の定席における落語は、いわば「日常」だ。その、日常的に供給される古典落語の面白さの質を飛躍的に高めた演者が桃月庵白酒である。

 2005年に真打昇進した白酒が寄席の世界で新感覚の爆笑古典を日々演じ続けたことの意味は大きい。あの春風亭一之輔にしても、白酒が「羊の皮を被った狼のような古典」で土壌を開拓したからこそ、今のように存分に暴れることが許されているのだ。

 白酒は宗教チャンチャカチャン的な『宗論』など飛び道具も持っているし、『幾代餅』『富久』『芝浜』といった大ネタの独自解釈で落語ファンを唸らせもする。だが彼の真骨頂は「地味な演目を楽しく聴かせる」ことにこそある。8月24日の「J亭落語会 桃月庵白酒独演会」は、ホール落語でありながら、そんな「寄席の白酒」の魅力を堪能させた。

 演じたのは3席。『金明竹』は上方言葉の口上が聞き取れないというおなじみの前座噺だが、口上の聞き間違い方が通常とはまるで異なり、「仲買の弥市が友情を育んだ工場の掃除夫を寸胴切りにして、タクアンをゼンジー北京がインゲンマメに変えて、屏風の向こう側にダウンスイングの坊さんがいる」のだという。こんなのは白酒でしか聞けない。前座噺も白酒の手に掛かると新鮮な爆笑落語となる。

 2席目は『しびん』。田舎侍が、道具屋に置いてあった使い古しの尿瓶を珍しい「しびん焼き」なる高価な花瓶と勘違いし、それに付け込んで道具屋が尿瓶を5両で売りつける、というだけの噺だが、白酒がやると堪らなく可笑しい。侍に対する道具屋のリアクション、尿瓶を自慢げに持ち歩く侍を目撃して驚く町人たち、悦に入って尿瓶に菊を活ける侍の描写など、あまりにも素敵だ。こういうくだらない噺にこそ落語の真髄がある。

 3席目に演じた『干物箱』は、道楽者の若旦那が父親の目を盗んで吉原に行くために、自分の声色が上手い男を身代りにする噺。桂文楽・古今亭志ん生の演目で、白酒は江戸落語の伝統に則りながら、登場人物を現代的なセンスで生き生きと描いて笑わせる。目新しいギャグではなく噺の本質的な部分で勝負する、正攻法の一席だ。

 白酒は古典の世界観を壊すことなく、そこに現代を自然に持ち込んでいる。あくまで気軽な「日常の娯楽」としての落語が時代を超越した普遍性を持つことを、白酒は僕達に教えてくれているのである。

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『僕らの落語』など著書多数。

※週刊ポスト2017年10月27日号