放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、独特の存在感が光る、矢本悠馬に注目。

 * * *
 いま、映像監督やプロデューサー、そしてCMクリエイターらからのオファーが止まらない若手俳優の一人が矢本悠馬だ。

 誰? と思われた方。井川遥が3代目美人ママを演じ、カウンターのピエール瀧、加瀬亮、田中圭ら常連客が唐揚げとハイボールを愉しむ『サントリー』「角ハイボール」のおなじみのシリーズ。最新作の「新顔」篇で、3人をおじさん呼ばわりしながらも最後は“ハイカラ(ハイボール&カラアゲ)グループ”に加わり、最高の笑顔で場面を盛り上げるのが矢本悠馬だ。

 そしてダスティン・ホフマン主演の映画『卒業』よろしく、挙式中の教会に乗り込み、花嫁役の門脇麦に「俺は、俺は、君のなんだったんだ!?」とすがるも、「大事な…大事な…保険!」と切り捨てられる哀れな男を演じているのも矢本悠馬である。

 今年は柴咲コウ主演の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で、直虎の側近、中野直之を演じているため、柴咲との絡みもたっぷりあったことから各方面で話題となり、決してイケメンではない彼を女性誌がグラビアで取り上げたこともあった。

 実はNHKドラマの出演がとても多い俳優なのである。東山紀之主演の『大岡越前3』、さだまさしが原作を担当したことでも注目された『ちゃんぽん食べたか』、そして、前作の大河ドラマ『真田丸』の最終回にも出ている。

 さらに、年配の女性ファンをいっきに増やしたのが朝ドラ『花子とアン』での武(たけし)役だった。

 武はカンニング竹山演じる地主、徳丸甚之介の息子。つまり“おぼっちゃま”なのだけれど、小柄だしイケメンでもないので、ヒロインを始め美人女優陣の恋愛相手にはならない。

 が、おぼっちゃまゆえ、“高嶺の花”を前にして上から目線になったり、うまくいくのではないかと妄想するシーンもあった。そんなとき、ナレーションを担当していた美輪明宏から「た〜け〜し…、あんたじゃ、無理ッ!」とのツッコミが入る。中園ミホ氏の台本にあったのか、それとも美輪のアドリブだったのか。いずれにせよ、中園氏や美輪さんの“母性”をくすぐりまくり、同時にツッコまずにはいられない愛すべき存在、それが矢本悠馬演じる武だったのである。

 スタッフらにとって忘れられない役でもあったのだろう。同ドラマのスピンオフスペシャル、『朝市の嫁さん』からも矢本はオファーを受け、以来、件の複数のNHKドラマに繋がっている矢本。来年4月スタートの朝ドラ『半分、青い。』への出演も既に決まっている。

 画面の中に居る矢本悠馬は実にチャーミングな存在であり、その風貌や表情からか、たとえ端っこに居たとしても、目に留まってしまうし、いじりたくなってしまうのだ。

 それは共演の若手俳優、女優も同じ気持ちのようで、出演ドラマの番宣や、映画『ちはやふる』『君の膵臓を食べたい』『トリガール!』、10月28日公開の『ポンチョに夜明けの風はらませて』などのイベントなどでも、三番手、四番手、五番手の矢本が“主役”になってしまう場面を何度も見てきた。

 だが、そうしたシーンをオンエアするワイドショーでは、矢本の名前のテロップさえ出ないことがある。顔の認知度は急上昇だが、やはりまだ名前が出てこない視聴者が少なくない俳優なのかもしれない。

 しかし、そこがまたクリエイター心をそそるのだ。共演者やスタッフに愛される矢本のキャラクターは、CMクリエイターやキャスティングプロデューサーの心も動かしているのである。

 出演CMは、現在オンエア中の冒頭の2本以外にも、『Supercell』の「クラッシュ・ロワイヤル」、『花子とアン』のオンエア終了後、メインで出たのは『日本コカ・コーラ』の「ファンタ」CM、「お悩みスッキリ!ファンタTシャツ」篇だ。昨年は『WOWOW』のCMにもバスの後部座席に乗っている学生風の男子として出演していた。

 てっきり10代なのかと思っていたら、『花子とアン』のとき、既に24才。現在は27才なのだが、この数年の代表作と言えば、『水球ヤンキース』(フジテレビ系)、『ごめんね青春!』(TBS系)、『仰げば尊し』(同)と青春モノばかり。でもその青春モノに必ずや必要な矢本なのである。

 実は彼が、日本テレビのスター監督・水田伸生氏演出の『ゆとりですがなにか』(16年4月期)に出ていた頃、知人の紹介で、矢本と食事をさせてもらったことがあった。

 本当に小柄(161cm)で、まだ情報解禁前だった『仰げば尊し』のため、髪をマッシュルームカットにしていたこともあり、酒席が全く似合わない人だった。

 だが、酒を交わしつつ、話をさせてもらうと、いい意味で、とてもプライドの高い役者だった。当時、「それが邪魔している」とみている演出家の声も聞いたが、若手のイケメン俳優とは明らかに異なる彼の演技に対する凝り方は、プロからしてみたら「一目でわかる」そうだ。

 それもそのはず。スタートは映画『ぼくんち』(2003年)での子役デビューで、演技未経験ながらオーディションで認められ、主人公の弟役から。11年からは「大人計画」に参加し、12年には研究生仲間らと「劇団こまつな」を旗揚げする。

 昨今、バラエティー番組の企画会議でも名前がよく挙がる矢本だが、そのとき、「大人計画」に居たことが知られると、ドラマの演出経験もあるディレクターらの目の色が変わる。

 現在は、ソニー・ミュージック・アーティスツに所属し、さらに仕事の幅を広げている矢本悠馬。来年に向けて覚えておいて損はない俳優のようだ。