音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の連載「落語の目利き」より、先頃、療養から復帰した10代目柳家小三治についてお届けする。

 * * *
 9月19日、大田区民ホールアプリコ(東京・蒲田)の「柳家小三治一門会」に行った。病気療養から復帰して初めて観る小三治の高座だ。

「右手が思うように上がらないので、できない噺がある」と小三治が高座で口にしたのは今年6月。8月に入ると「今月下旬に首の手術を受けて療養する」と発表があり、9月6日の目黒での一門会と9月9日の千葉県松戸市での独演会は中止となった。

 その発表の1週間後(8月13日)、有楽町のよみうりホールで「小三治一門会」があった。三三、〆治、三之助と3人の弟子が高座を務めた後、トリの小三治は病気の話題に触れることなく『死神』をみっちりと演じた。飄々とした死神のキャラが特徴的で、落語らしく軽やかに演じられる小三治版『死神』の楽しさはいつもどおり。体調不良の影響はまったく感じられなかった。

 正式な病名は「変形性頸椎症」。8月21日に頸椎の手術を受けた小三治は3週間のリハビリを経て9月13日、岐阜県多治見市の落語会で高座復帰を果たし、『粗忽長屋』を演じたという。それに続いての高座が19日の蒲田。チケット発売時には「小三治独演会」だったが、復帰して間もないということで一門会に変更となった。

 孫弟子の小八(喜多八の弟子)、弟子の〆治、一琴に続いて小三治がトリで登場。まずは「頸椎の手術で3週間ちょっと入院しまして」と報告。入院したのは京都の病院だったと明かすと、リハビリのために京都を歩き回ったという話題へ。

 かねてより気になっていた大原三千院や鞍馬山に行ってみたという話から、「とらや」はもともと京都だったと話題が移って「仙台・白松がモナカの栗羊羹が美味しい」という話に跳び、さらにエノケンが飼っていたトラ、修学旅行での渡月橋の思い出、森鴎外の「高瀬川」まで、自在に広がる随談は40分近くに及んだ。まさしく「マクラの小三治」健在である。

 もちろん落語もやった(笑)。小三治定番の「悪事で名を残した者は少ない」という泥棒のマクラから「落語のほうに出てくる泥棒は……」と入っていったのは『転宅』。浜町の妾宅に押し入った泥棒が度胸の据わった女にまんまと騙される噺で、間抜けな泥棒がこの上なく可愛い。三代目金馬や五代目小さんも手掛けた噺だが、僕にとっては完全に「小三治の演目」だ。6月にも日本橋三井ホールで聴いたが、何度聴いても飽きない。

 77歳の人間国宝、完全復帰。ホントによかった!

●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『僕らの落語』など著書多数。

※週刊ポスト2017年11月17日号