健康的なセクシー姿を週刊ポスト(12月20日発売号)で公開した三船美佳。明るく元気なキャラクターを生かしてバラエティ番組で活躍しながら、女優としてもその実力を高く評価されている彼女が、15年ぶりのグラビア挑戦と今の生活について語ってくれた。

 * * *
 ハタチの時以来、15年ぶりのグラビア撮影でした。心配でどうしようと思ったけど、スタッフさんたちが温かくて、テレビとは違う雰囲気を楽しめました。

 撮影に挑戦したきっかけは、2か月で11キロ痩せたことです。

 今までいろんなダイエットを試しました。炭水化物を抜いたり、スムージーを飲んだり、サラダ中心の食生活にしたりしたけど、何の効果もなくて、「安定のデブ」だったんです(笑い)。

 ところがある日、中国にロケに行って、現地で出会った方々と一緒に美味しいご飯を食べて語り合っていたら、お腹よりも心が満たされる感覚を味わいました。そしたら、それから食べたいものを食べても「これ以上食べなくても大丈夫だ」と満足するようになって、どんどん痩せていったんです。

 今はお友達にも恵まれて、ママ友たちとフラダンスやタヒチアンダンスを楽しんでいます。私の母と娘も一緒に、3世代でやるんですよ。ママ友に誘われてサーフィンやスノボ、スケボーも始めました。体を動かすことが、いいデトックスになったのかも。夏が来たらビキニでサーフィンしたいな(笑い)。

 恋の話ですか? あったらいいのにね〜、今のところ音沙汰なし(笑い)。これまで娘中心の生活で、生きるのに必死すぎて一切自分に手をかけてなかったから、これからは1日1日を楽しんで、家族とともに元気にハッピーな2018年にしたいですね。

【プロフィール】みふね・みか/1982年9月12日、東京都出身。父・三船敏郎と母・喜多川美佳の長女として生まれる。1997年、NHK大河ドラマ『毛利元就』でドラマデビュー。1998年、映画『友情』で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。現在は『朝だ!生です 旅サラダ』(朝日放送)、『住人十色』(毎日放送)、『午後キュン』(サンテレビ)にレギュラー出演中。

◆撮影/松田忠雄

※週刊ポスト2018年1月1・5日号