お正月にテレビを見ていると新春寄席で必ず見かけるナイツの2人土屋伸之(39才)・塙宣之(39才)は、新春に欠かせない存在。大晦日からさぞや忙しいはず! と思ったら…「実は31日は、仕事はしてないんですよ」と苦笑する2人。

塙:31日は毎年、三遊亭小遊三師匠のお宅に一年のご挨拶に行くんです。内海桂子師匠のところへは30日ですね。

土屋:お弟子さんたちが集まって、小遊三師匠の女将さんが料理をふるまってくれて。女将さんの年越しそばが、うまいんだよね〜!

塙:師匠はまぐろの刺身を食え食えって言ってね。

土屋:そうそう、お土産にもらう小田原のかまぼこが、またうまいよね。立川談志師匠も好きだったっていう、レジェンドのかまぼこ。

塙:師匠がくれる『笑点』グッズも実家で喜ばれるよね。

──なんだか、もらってばかりのお2人ですが…(笑い)。

土屋:師匠はお弟子さんたちに着なくなった着物をあげてね。

塙:ぼくも3万円で師匠からカシミヤのコートを買いました。

土屋:もらってないじゃん! 買ってるじゃん!

塙:でも、ぼく、貴乃花親方くらい腕が長いもんで。そのコート、一度も着てないですからね。

土屋:でも、ぼくたちもお年玉を渡すんですよ。元日から新宿・末廣亭に出る前座さん、お囃子さん、事務員さん80人くらいにお年玉を。

塙:そうだね。だから31日はその準備もしてます。銀行で千円札をピン札に替えたりね。

──では、そんな2人は年始をどう過ごすのか?

塙:年明けの漫才で披露できる、何かおもしろいネタがないかなって探しながら、家でテレビを見ていますね。ぼくはやっぱり紅白が見たいんですが、妻が他の番組がいいと譲らず、毎年最後までチャンネル争い。バナナマンがやっている紅白の副音声のポジションを狙っているくらい熱心に見ていますよ。2017年の紅白は、司会の内村(光良)さん(同じ芸能事務所に所属)という強いパイプもできたから、お願いしてみようかな。

土屋:妻の実家で、親戚一同賑にぎやかに過ごします。妻は三姉妹なんですが、まぁみんな血の気が多くて(笑い)。「格闘技が見たい!」「『ガキの使い』が見たい!」ってけんかしながら、「でも、ツッピー(土屋のこと)は紅白が見たいよね!?」なんて急に話を振られたりして、リビングの隅っこで小さくなってます。翌朝は義母だけが早起きして、おせち料理を振る舞ってくれて、そっと寄席に送り出してくれるんです。妻は…寝てますね。

──例年フジテレビ元日の風物詩、『爆笑ヒットパレード』に出演するナイツ。

土屋:持ち時間は約4分。午前中が出番のことも。

塙:午前中に出たら、10時には家に帰って、夕方にはもう実家の我孫子(千葉県)にいるよね。本当はぼくたち全然忙しくないんですよ。

土屋:でも、元日から新宿や池袋では寄席が始まるから! 元日から立つ年もありますし、初笑いを楽しみにやってくるお客さんもたくさんいるから、2018年も頑張らないと!

塙:本当は、正月はデンマークに行きたいんだよな〜。

土屋:…。

──そんなナイツに、2018年に向けての決意を伺うと…。

塙:ありますけどね…(しばらくの間、沈黙)…言わないですよね(笑い)。

※女性セブン2018年1月4・11日号