「ちょっと早いホワイトデー」「初めて買ったんだけどすごいボリューム」――3月9日、『Hey! Say! JUMPカレンダー 2018.4→2019.3』が発売されると、ファンのそんな声がツイッター上にあふれた。

 どれも待ちに待ったカレンダーの到着を喜ぶ声ばかり。内容については、「着物でわちゃわちゃしてて愛おしい」「写真の数々がやばいの一言に尽きる。可愛いくてかっこいい」など、“今まで会ったことのないHey! Say! JUMP“との出会いを楽しむコメントが目立った。

 今回のカレンダー撮影でメンバーは、京都のお寺などフォトジェニックなロケ地で、さまざまな表情を披露した。カレンダーに掲載している、水に濡れた感じの“水も滴る”ソロショットは、実は屋外で撮影したもの。日がすっかり落ち、強い風が吹き、気温がグッと下がるなか、9人が見せた表情は何とも色っぽい…。カレンダーには、これ以外のソロショットや集合写真など約230点を掲載している。
メンバーからもコメントが届いたので、紹介しよう。

◆山田涼介
「今までとは違うぼくたちが詰まっています! 甘い物が苦手な高木くんがドーナツを持っていたり、珍しいシチュエーションも満載です」

◆知念侑李
「薮くんに和服がよく似合ってるってほめられました(笑い)。和服以外にも、スーツとかいろんな格好をしているので、じっくり楽しんでほしいな」

◆中島裕翔
「ソロカットも集合カットもカッコいい! 撮影中はメンバー同士でふざけあってることが多かったけど(笑い)、写真はアーティスティックです」

◆岡本圭人
「撮影ってことを忘れて遊ぶのに夢中になった瞬間もあって、この盛り上がりが伝わるといいなあ。ロケはもちろん、スタジオ撮影の写真もいい感じです!」

◆有岡大貴
「和服で撮影した京都は、メンバー同士で撮影大会になったほどロケ地の景色がきれい! 艶っぽくて大人っぽいぼくらを見てください」

◆高木雄也
「撮影の空き時間には、みんなで小道具のバンドセットとかスケボーで遊んで、楽しかった空気感がそのまま写真にも表れています!」

◆伊野尾慧
「全員で京都のお寺へ行ったのはいい思い出。こんな撮影をしたのは初めてだったから、まるで修学旅行みたいで新鮮だったな〜」

◆八乙女光
「一般の観光客のかたとの触れ合いもあって、思い出に残った撮影でした。ぼくの一押しは、みんなで部屋着を着ている卓上型カレンダーの写真かな」

◆薮宏太 「メンバーの一体感を感じられる集合写真がぼくのお気に入り。雰囲気のある喫茶店でギュッと集まったり、高い所にも全員でのぼっています」

『Hey! Say! JUMPカレンダー 2018.4→2019.3』はメインがスリーブケース付きB5判ダイアリーで、表紙に金箔を使用した豪華版! 特別付録はホログラムシール入り卓上型カレンダー。その豪華さにも注目が集まっている。

※女性セブン2018年3月29日・4月5日号