13才で入所して以来23年間、ジャニーズの“顔”として第一線で活躍し続けてきた滝沢秀明(36才)が、9月12日に突然、年内での芸能活動の引退とプロデュース業への転身を発表した。

「滝沢くんは、表舞台を卒業して、ジャニーズJr.の育成をしながら舞台のプロデュースに力を入れていきたいと2〜3年前から周囲に相談していたようです。今後は、ジャニーズJr.を養成する学校を設立し、校長に就任。裏方として力を発揮したいとやる気のようです」(芸能関係者)

 35才を過ぎアラフォーに差しかかった男の決断は、ファンならずとも世間を騒然とさせた。発表の2週間前、『週刊文春』が「芸能界激震スクープ ジャニー喜多川社長が指名 ジャニーズの後継者は滝沢秀明」と報じたからだ。

「ジャニーズ序列のNo.1、2の近藤真彦さん(54才)と東山紀之さん(51才)を差し置いて、タッキーがジャニー社長の後を継ぐというような内容に受け取れました。以来、ジャニーズのタレントには水面下で取材合戦が続いていました」(スポーツ紙記者)

 実際はどうなのか。東山は滝沢が人生の選択をしたといい「しっかり協力する」とコメントするなど、好意的に受け止める声が多い。

「会社の跡目争いのように報じるサイトなどがありましたが、実際は、ジャニー社長がいちばん力を入れる舞台のプロデュースを継承していくということで、社長を継ぐという意味合いとはまったく違いますよ。タッキーとしては80代後半という高齢のジャニーさんから、受け継げる間に舞台の魂を受け取っておきたいという強い思いだったんだと思います。誰よりも上下関係を重んじる彼ですから、下克上のようなことはあり得ない」(前出・スポーツ紙記者)

 ジャニーズといえば先輩後輩関係が厳しい、体育会系でも知られる。

「基本的に先輩のことを、くん付けで呼びますが、上下関係は絶対です。基本的には、事務所に入所した順番で先輩後輩が決まります。現在トップからマッチさん、東山さんと続く序列です」(前出・芸能関係者)

 意外というか当然か、年齢順にいうと滝沢は上から27番目だ。

「入所は、岡田准一さん(37才)、櫻井翔さん(36才)とほぼ同時期ですね。滝沢さんは舞台で活躍してきただけあって、どちらかというとJr.の後輩とご飯を食べたりすることが多いです」(前出・芸能関係者)

 滝沢の少し先輩には堂本光一や長瀬智也、森田剛など39才組がいる。

「長瀬くんと光一くんは同い年で入所も1年違いとあって、プライベートでも自宅を行き来する仲のよさは有名です。光一くんとタッキーのデビューが5年ほどしか違わないのは意外ですね」(前出・スポーツ紙記者)

 滝沢同様、後輩の面倒見がいいことで知られるのは、松岡昌宏(41才)。

「松岡さんがドラマに出演すると、嵐のメンバーが電話で感想を言ってくれるそうです。特に大野智さん(37才)は、松岡さんのことを“まつ兄”と慕っています。松本潤くん(35才)も行きつけの飲み屋が一緒で、飲むこともあるそう」(前出・芸能関係者)

 そんな中でも、先輩とも後輩とも抜群のコミュニケーション能力を発揮するというのは亀梨和也(32才)だという。

「マッチさんからは飲み会の誘いを受けますし、木村拓哉さん(45才)からは自宅に誘われる一方、同じKAT-TUNの中丸雄一くん(35才)や上田竜也くん(34才)と決起飲みをしたり、後輩にも声をかける万能タイプです」(テレビ局関係者)

 年末のディナーショーの仕事が最後になる可能性が高い滝沢。これだけの“仲間”がいれば裏方に行っても確かに力強そうだ。

※女性セブン2018年10月4日号