「けやき坂46」の電撃改名により、新たな名前「日向坂46」の由来となった東京・港区三田にある「日向坂(ひゅうがざか)」が、ファンの新たな聖地として注目されている。

「ひらがなけやき」として人気のアイドルグループ「けやき坂46」(欅坂46の“妹分”的存在のグループ)が、2月11日、「日向坂(ひなたざか)46」と改名された。メンバーにも事前に知らされることはなく、グループの生動画配信中にサプライズで行なわれた改名発表。その場に居合わせたキャプテン佐々木久美はじめ、メンバーたちは歓喜に沸き、涙を流す場面も見られた。

 電撃発表の翌日、現地・日向坂を訪れてみると、さっそく「聖地巡礼」するファンの男女の姿が……。坂の上と下にそれぞれ設置されている、「日向坂」と記された標柱をスマホの写真に収め、SNSなどにアップしているようだ。

 地下鉄麻布十番駅から徒歩数分のところにある日向坂の長さは200メートルほどしかないが、勾配はややきつめ。片道一車線の車道両側に、幅2メートルほどの歩道が整備されている。標柱の説明によると、江戸時代の前期、坂の南側に徳山藩(現在の山口県周南市)の藩主・毛利日向守の屋敷があったことが地名の由来とされる。誤って、「ひなた坂」とも呼ばれたという。

 現場を訪れていた40代の男性会社員に話を聞いた。

「私はもともと地形としての『坂』が好きで、趣味で東京都内の坂巡りをしています。アイドルグループも昔から好きだったので、私にとって坂道グループは2倍楽しめる存在(笑)。乃木坂46、欅坂46も応援しています。坂道グループのコピーダンスの練習もしていて、コピーダンスのイベントにもよく行きます」

──今回の電撃改名をどう受け止めている?

「改名については、ちょっとどうかな、と。個人的にはひらがなけやきの可愛らしい感じのほうが好きです。『漢字けやき(欅坂46)』の妹的存在として応援していましたから。とはいえ、これまでの頑張りが認められたわけだし、グループの成長という意味では(改名は)いいことかもしれませんね」

 なんとこの男性は、メンバーにも知らされていなかった改名を「予測」していたという。

「ひらがなけやきが改名するとしたら、日向坂になるんじゃないかな、と予測していました。読みも『ひなた』と読ませるのがいいんじゃないかな、と。それもあり、以前にもここの写真を撮りに来ていました。日向坂というネーミング自体は、彼女たちの元気で明るいイメージにぴったりだと思います」

 坂沿いにある施設の入り口に立つ警備員の男性によると、この日は朝から、坂の標柱を写真に撮る人の姿が見られたという。普段はあまり人通りが多くないようだが、これからは聖地巡礼のファンたちで賑わうことだろう。前出のファン氏はこう語った。

「グループとこの坂(日向坂)にどんな縁があるのか、といったところも気になりますし、この坂がファンの聖地になるには、(乃木坂46における乃木神社のように)坂の名前に関連する神社などのスポットがあるかどうかにかかってくるのでは」

 3月下旬には「日向坂46」として待望の単独シングルデビューが控え、デビューを記念したカウントダウンライブも予定されている。グループの今後の活動と共に、新たな「聖地」の動向にも注目したい。