「何も聞いていませんでした。結婚発表の少し前に電話があって、“結婚することになったけど、かまへんか”と言うから、“まあ、お前が決めたことやしな”と答えました。同じ所属事務所やから気心も知れているやろうし。竹内さんとは一度も会ったことはありません。今度、会ってゆっくり話を聞きたいですね」

 竹内結子(38才)と結婚した中林大樹(34才)の父親は、困惑した表情でこう話した。竹内が突然、中林との結婚を発表したのは2月27日。その1か月半前に本誌・女性セブンはふたりのデート現場を報じていた。

 1月10日の夜8時、竹内が住む都心の高級マンションからほど近い焼き鳥店。ふたりはカウンターに並んで座り、竹内が焼き鳥の串を外し、その肉を中林が食べるという、“夫婦前夜”の食事風景を目撃していた。食事後、ふたりは時間差で竹内のマンションへと入って行った。

 当時、ふたりの所属事務所は「たまたま同じマンションに住んでいるだけ」と交際を否定していただけに結婚はあまりにも唐突で、父親が困惑するのも当然かもしれない。

「事務所関係者によれば、その時、ふたりはまだ男女の仲ではなかったそうです。『女性セブン』にツーショットを撮られたことで、恋心に火がついたんだとか。わずか1か月間の交際で、急転直下の入籍には周囲も驚いている」(スポーツ紙記者)

 というのが当人サイドの言い分。電撃婚はどうやら本誌がきっかけではあるらしい。

 人気女優の竹内を射止めた中林とは何者なのか。中林は大阪学院大学在学中の2007年、スペシャルドラマ『めぞん一刻』(テレビ朝日系)で約3200人の一般男性の中からオーディションで選ばれ、伊東美咲(41才)演じるヒロインの相手役としてデビュー。その後も『ゲゲゲの女房』(NHK)や『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)などに出演し、今クールも『グッドワイフ』(TBS系)に出演している。

 竹内とは2009年の映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』、2012年のドラマ『ストロベリーナイト』(フジテレビ系)などで何度も共演している関係だ。

「中林さんが竹内さんと同じマンションに住んでいると聞いて驚きました。都内でも有数の高級住宅地にあり、分譲だと1億円は下らないし、賃貸でも平均相場は40万〜50万円くらいはする。竹内さんの“親友”イモトアヤコさんも住んでいますが、中林さんにとっては少し敷居が高いのでは…」(テレビ局関係者)

 だが、中林を知る人は、「彼はだいぶ前からそのマンションに住んでいる。実家が金持ちだからね」と明かす。

 中林の出身は奈良県中部にある大淀町。「千本桜」で有名な吉野町にほど近い山間の町で、人口は約1万7000人。地元住民の間では、中林は超のつく有名人だ。

「大淀町が生んだスーパースターですよ。2年前には町の広報誌の表紙も飾っていて、知らない町民はいない。これまでのどんなドラマや映画の役よりも、今回の竹内さんとの結婚で、地元はすごい盛り上がりです」(地元住民)

「大樹くんは背が高くてカッコいいから、中学、高校でもすごく目立っていました。実家は製薬会社を経営していて、町でも屈指のお金持ちですが、大樹くんはそれをひけらかすことのない品のよいお坊ちゃま。

 3人兄弟の末っ子で、長男が製薬会社を継いでいます。ご両親は大樹くんがかわいくて、今もできる限りの支援はしているようです」(別の地元住民)

◆「とにかく明るい家庭を築いてほしい」

 さらに中林は、「奇跡の子」とも呼ばれていたという。

「大樹くんが赤ちゃんの時、中林さんの自宅が大火事になったんです。お母さんと大樹くんが2階に取り残されて、1階はすでに煙や炎が充満していた。大樹くんがその中を通るのは危険なので、お母さんが決死の覚悟で大樹くんを2階から放り投げ、下にいた消防団がキャッチしたんです。

 その後、お母さんも命からがら脱出して…豪邸が全焼するほどの火事だったから、逃げ遅れた2人が助かったのはまさに奇跡。界隈でこの話を知らない人はいないほど有名です」(前出・地元住民)

 母親と消防団のとっさの連携で、まさに九死に一生を得た中林。それだけに彼が『めぞん一刻』のオーディションを勝ち抜いた時には、地元では「やっぱり奇跡の子だ!」という声が上がったという。

 短期間で竹内のハートを射止めたあたりも、やはり“持っている”のかもしれない。

 だが、家族からしたら“想定外”という思いも…再び中林の父親が言う。

「大学は法学部だったから司法書士にでもなると思っていましたが、俳優とは…大樹は毎年、盆と暮れは帰ってきます。いつ戻ってきてもいいようにあの子の部屋もあるんですけどね…」

 竹内には最初の結婚相手である中村獅童(46才)の間に13才になる子供がいるが、中林とはすでに意気投合し、「3人一緒になれば楽しくなる」と話しているという。

「竹内さんのお子さんのことは知っていますが、それをどうこう言う時代でもありませんし、あの子が承知してやっていることですから応援したい。いつか孫の顔も見たいですけど…とにかく明るい家庭を築いてほしいですね」(中林の父親)

 家庭円満は奇跡ではなく必然として──。

※女性セブン2019年3月21日号