「認知症」という言葉を聞くだけで、恐れをなす人は多い。根治する治療法がないといわれていることもあるが、なんと言っても認知機能(記憶、思考、理解、言語、判断など)が低下して、身近な家族でもどう対応してよいかわからなくなるのが怖いのだ。

 そんな状況の情報を集めて科学的に分析し、より有効な対応策を探すためのツールが『認知症ちえのわnet』(高知大学、大阪大学、東京医療保健大学による共同運営)だ。研究代表の高知大学医学部教授、數井裕光さんに聞いた。

◆つらいBPSDは対応次第で治せる

 認知症になるとさまざまな症状が現れるが、注意深く見ていくと2種類ある。

 1つは、脳の神経細胞の死滅や機能低下で直接的に起こる中核症状。物忘れ、自分のいる場所や時間がわからない、計画的に実行できない、言語障害、日常動作ができないなどもこれ。認知症になると誰にでも現れる。

 もう1つは、本人が置かれている環境や人間関係、性格などに影響されて起きる、行動・心理症状(BPSD)。拒否、幻覚、妄想、易怒性、不安、暴言、興奮、抑うつ、徘徊など、現れ方は人それぞれだが、本人の生活の質を低下させ、周囲の人を困らせるのは、主にこのBPSDだ。

「認知症の人は認知機能が低下する中で、なんとか日常生活を送ろうともがき、それがうまくいかないと現れるのがBPSDといえます。 

 認知機能の障害は今のところ治療法がありませんが、BPSDは治せるのです。これはぜひ知っておいてほしい」と言う數井さん。

 一般的に“認知症は治らない”といわれるが、丁寧に症状を見極め、治る部分はしっかり治すことが大切なのだ。

「BPSDの治療の基本は、家族など周囲の人の“適切な対応”です。周りの接し方によって本人が安心して落ち着けばBPSDは改善しますし、もちろんその逆もあります」

 家族が認知症になり、その不可解な言動に接すれば、動揺するのも無理からぬこと。でも冷静になって適切に対応することで“治療”になると思えば、希望が持てる。

◆より有効な対応策を探せる「認知症ちえのわnet」

 ではどんな時にどんな対応が有効なのか。

 医療者や介護職の人が書いた認知症の対応マニュアル本も出ているが、それらは専門的な経験に基づいたエキスパートオピニオンや、脳や病気のしくみから推測したもので、有効性の確率は検証されていないと數井さんは言う。

「そこで私たちは、実際の認知症患者さんに対するさまざまな対応がどのくらい有効なのか、全国的な大規模調査を実施。継続的に情報を収集しながら公開しているのが『認知症ちえのわnet』です」

 ここでできることは、まず[ケア体験]の投稿と閲覧だ。

 ケア体験とは【1】BPSDの内容、【2】それにどう対応したか、【3】その対応がうまくいったか否か。会員登録をして自分の体験を投稿したり、ほかの人のケア体験を一覧で見たり。數井さんら専門医が情報を確認して集計した[うまくいった/いかなかった体験]の集計結果を、グラフ化した数値(%)で見ることもできる。

 また症状別の簡単な質問にイエス・ノーで答えていくと対応方法が提案される[認知症対応方法発見チャート]は、対応方法の悩みを投稿すると、成功経験のある人がアドバイスしてくれる[対応方法を教えて!!]のコーナーもある。

「実際にケアをする家族や介護職の人たちからの貴重なデータベースでもあります。蓄積されたデータを分析することで『ある症状に有効な対応策』のほか、『その対応がなぜ有効か』も科学的に解明されつつあります。

 たとえば入浴などの“拒否”には『一段階ずつ細かく促す』という方法が有効。今いる場所から湯船につかるまでには、実はたくさんの動作や移動が必要ですが、認知症の人はそれがわからなくなっているのです。また『誰かのために』という動機付けをするのも有効だとわかってきています」

◆柔軟な対応を心がける 認知症の正しい診断も

 親が認知症になるとつい感情的になり、対応法にも唯一の正解を求めがちだ。しかし、多くの人が試した「うまくいく確率〇%」などを見ると、「これがダメなら別の方法も探してみよう」という気になる。

「1つの方法に固執せず、ケアする側が柔軟に試行錯誤する姿勢はとても大切。『認知症ちえのわnet』に提示された成功確率も目安であり、絶対ではありません。

 行動(BPSD)には必ず“きっかけ”があるのです。このサイトで方法を探しながら考えてほしいのは、そのBPSDがなぜ起きたか。時間や場所、対応する人、本人の様子など、要素はいろいろあります。対応しながらも観察してみるとよいでしょう。そしてその対応がうまくいったか、いかなかったかを、ぜひ投稿してください」

 現在、サイトの登録者数は約2300人。うまくいった/いかなかった体験の集計結果は、原因疾患別、要介護度別、場所や時間別でも再計算できるしくみになっており、精度を上げるためにも、さらに体験の投稿が必要だという。

「アルツハイマー病などの原因疾患や重症度によっても、有効な対応策は違ってきます。だからこそ、きちんとした診断が重要なのです。しっかり病気を把握することでBPSDが出ないよう、また発症しかけてもすぐに対応でき、本人も家族も楽になります。認知機能が低下しても穏やかに生活できるように、ケアする人がステップアップすることも大切です」

※女性セブン2020年1月16・23日号