胃カメラ検査には、口から入れる方法(経口内視鏡)と鼻から入れる方法(経鼻内視鏡)があるが、「どちらを採用しているか」によって医師の検査の質は変わってくるのか。実は、この点については専門家の間でも見解が分かれている。

 マールクリニック横須賀院長の水野靖大医師は、「睡眠薬」を使って患者のつらさを軽減した上で「口からカメラを入れる」方法を採用している。

「口からなら解像度の高い大きな胃カメラを入れられるので、画像が見やすくなって見落としの可能性が減る。“時間がかかる”“睡眠薬で事故が起こるかもしれない”などのリスクを挙げる医師もいますが、それはいずれも適切にケアすれば防げるものです。

 私が使っている睡眠薬は、点滴で注入してゆっくり眠りに入ることができます。たしかに睡眠薬により呼吸が止まってしまうリスクはあるものの、懸念される事故とは“息が止まってしまう前に投薬の中止など適切な処置をしないこと”ですが、これは生体監視モニターで酸素飽和度と脈拍を見ながらゆっくり薬を入れていけば防ぐことができます」(水野医師)

 一方、静岡赤十字病院健診部長・経鼻内視鏡センター長で内視鏡指導医の川田和昭医師は“鼻から”を推している。

「経口内視鏡がつらい最大の要因は、内視鏡が舌根部(舌の付け根)をこすりながら挿入されることです。これが“オエッ”と感じる原因です。その苦しさから“もう二度とやりたくない”と、バリウムを飲むX線検査を選ぶ患者さんも多かった。

 しかし、経鼻内視鏡であれば苦痛がほとんどなく、私の病院で経口と経鼻の両方を受けたことがある患者さんの97%が『経鼻のほうが楽だった』と答えている。『次回の内視鏡検査は経口、経鼻のどちらにしますか』という質問にも、97%が『経鼻』と答えた。経鼻内視鏡は胃カメラのハードルを下げたと断言できます」

 また、麻酔で眠らせるタイプの内視鏡と違い、検査中に検査医との会話が可能なため、モニターを見ながら説明を受けられるメリットもある。

 カメラの太さの違いによる“画質の差”について、川田医師はこう指摘する。

「2002年頃に経鼻内視鏡が登場した当時は、たしかに視野角も画質も悪かった。しかし、飛躍的に画像が良くなり、最新型の経鼻内視鏡なら、経口内視鏡と遜色のない視野角・画質で観察することができます」

 経鼻内視鏡で「つらい経験をした」という人もいるが、その原因は「手間を惜しんでいるから」だと川田医師は言う。

「経鼻内視鏡の成否は前処置が7割を握っています。前処置のポイントは薬剤を鼻に噴霧して、鼻腔内を十分に拡張させ、粘膜麻酔をしっかり効かせることで、約15分要します。これを簡略化してしまうと、“つらい経鼻内視鏡”になってしまう」

 重要なのは、それぞれのメリットを認識することだと考えられる。前出・水野氏もこう話す。

「睡眠薬を使えば、どちらから入れても楽になる。ならばしっかり見られる口からがいいと思います。しかし検査に2時間程度はかかるので、仕事の合間に検査を受ける人や、検査を受けた後に自分で車を運転して帰らなければならない人は、睡眠薬が使えないので、鼻からのほうが楽でしょう。また、自治体の検診では睡眠薬を使わないことのほうが多いので、この場合も、口か鼻かを選べるのであれば、鼻からのほうが楽だとは言えますね」

 川田医師は「鼻から」と「口から」を棲み分けるべきだとも話す。

「我々“経鼻派”は、『経鼻で発見、経口で精密検査・治療』がベストだと考えています。症状のないうちから受ける胃がん検診や、バリウム検査で引っかかった時の精密検査、胃部症状の原因検査は、経鼻内視鏡がよいでしょう。ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)などの治療前の精密検査は経口内視鏡の出番です」

※週刊ポスト2020年3月20日号