ラグビーW杯日本大会がいよいよ開幕する。2009年の開催決定から10年の時を経て、オリンピック、サッカーW杯に並ぶ「世界三大スポーツイベント」のひとつがこの日本で行われるのだ。

 日本におけるラグビーは、もうひとつメジャーになりきれないスポーツという認識があり、その理由として「ルールの難しさ」がたびたび取り沙汰される。だが、最初はどんなスポーツだって難解に映るもの。ルールに潜む「基本的な考え方」を知れば、ゲーム観戦はぐっとおもしろくなるはずだ。

 たとえば、ラグビーのレフリーには、他のスポーツにはあまり見られない特徴がある。レフリーにマイクが装着されており、音声が観客や視聴者に届けられるようになっているのだ。よく聞くと、「(ボールから)手、放して!」とか「まだ! 早い!」、時には「ありがとう!」とレフリーが言っているのが聞こえる。

 審判が選手に「ありがとう」とはどういう意味なのか。国内外のトップレベルのゲームで数多く笛を吹いた経験のある平林泰三氏(Libalent所属プロコーチ)が解説する。

「ラグビーのレフリングでは、反則行為で相手チームが不利益を被ったかどうかが、プレーを続行させるかどうかのカギになります。そのため、展開中のプレーが相手の不利益にならないように、レフリーは事前に選手に言葉で促します。『このままいくと、笛を吹かないといけない』というときに、「やらないで!」と言い、それに応じてくれた選手に『ありがとう』というわけです」

 アンパイア、ジャッジなど、他のスポーツで審判を意味する役割の人たちには、「選手のプレーを判定し、時には不正を見つけて罰を与える」のが仕事であるように見えるが、平林さんによると「ラグビーのレフリーには選手と共によいラグビーを創造する役割がある」というのだ。

 反則が多発してそのたびにプレーが止まると、時間だけが浪費されるつまらないゲームになるという理由もある。俗っぽくいえば、やるほうも見るほうもゲームがおもしろくなるようにする役割を、レフリーは負っているともいえるだろう。平林氏が続ける。

「プレーの自由度が高いラグビーでは、競技規則の文言をあえてあいまいに書いている。それは選手が新しいテクニックを開発する余地を残しているとも言えます。新しいテクニックが広がってきたときに『それはズルいのでないか』とか、『いいテクニックだが危険ではないか』などとその都度、検証が行われ、その積み重ねでルールができているのです」

 ラグビーのルールは安全を第一とし、その次に公平さを重んじる。そして、レフリーはルールに反するプレーを取り締まるだけでなく、選手と一緒によいゲームをつくっていくための役割を果たしている──そう見ていくと、ゲームがより分かりやすくなるはずだ。

 レフリーの声は、テレビやラジオ中継でも聞こえてくるし、試合会場でもグラウンドに近ければ聞こえる場合がある。ラグビーの公用語は英語だが、さまざまな言語の人が戦うゲームの中では、レフリーはそれほど難しくない英語をゆっくりはっきり話している。英語が堪能でない人でも、どんな反則が起こったかぐらいはなんとなくわかるはずだ。

 選手のスーパープレーだけでなく、レフリーがどんなことをしゃべっているのか、選手とどんな会話をしているのか、そんなところにも注目してみれば、ラグビーW杯をよりいっそう楽しめるに違いない。

●取材・文/岸川貴文(フリーライター)