どのような結論が出るか、世界中の関係者が固唾を呑んで見守っている。世界陸連が米スポーツ用品メーカー・ナイキの「厚底シューズ」の競技大会での使用を禁止する可能性があると英メディアが報じ、マラソン界には衝撃が走った。

「昨年秋に世界陸連は専門家による調査チームを立ち上げたといい、1月末には調査結果のレポートをまとめ、3月中旬の理事会で規制を設けるか結論を出すとみられている」(スポーツ紙記者)

 ナイキの「厚底シューズ」とは同社が展開する『ヴェイパーフライ』シリーズを指す。トップ選手のシューズは軽さを追求した「薄底」というマラソン界の常識を覆した革命的なシリーズだ。

「ソール(靴底)に反発力のあるカーボンファイバープレートを入れ、それを航空宇宙産業で使う特殊素材で挟んでいるため『厚底』になっている。

 シューズの爪先がせりあがっているので、重心を前へ傾けると前足部がググッと曲がり、カーボンファイバープレートがもとのかたちに戻ろうとする時に推進力が得られる構造です」(スポーツライター・酒井政人氏)

 この「厚底」を履いたエリウド・キプチョゲ(ケニア)が、2016年リオ五輪の男子マラソンで金メダルを獲得。2017年に市販が始まると、毎年改良モデルが投入され、日本人選手でも設楽悠太や大迫傑がこのシューズを履いて相次いで日本記録を塗り替えた。正月の箱根駅伝でも、今年は大半の選手がナイキの「厚底」を使い、区間新ラッシュが起きている。

 そんな“魔法の靴”が禁止となれば、影響は甚大である。

 東京五輪マラソン日本代表争いにしても、昨年9月のMGCで上位2人がすでに代表に内定しているが、「残り1枠」を巡る選考レースが3月に控えている状況だ。男子では「東京マラソン」「びわ湖毎日マラソン」が選考レースとなり、そこで大迫が「厚底」を履いて出した日本記録を更新することが代表入りの絶対条件となる(更新した選手がいない場合、MGC3位の大迫が代表内定)。前出・酒井氏はこう話す。

「世界陸連が3月中旬に結論を出すというスケジュールである以上、それより前の東京マラソンなどで使えなくなる事態はまず考えがたい。仮にそんなことになれば、走りの感覚は大きく変わり、選手たちは早急な調整を余儀なくされる」

 一方で、東京五輪本番で禁止されるのであれば、ナイキの厚底を使わずに速く走れる選手を選んだほうがいいという考え方もあり得る。

 代表選考と「厚底規制」問題についてどう考えるか、日本陸上競技連盟に見解を問うたが、「世界陸連から正式に公表されている内容ではありませんので、陸連としてお答えできる内容ではございません」とするのみ。とにかく“結論を待つしかない”という状況になっているのだ。

※週刊ポスト2020年2月7日号