監督として通算1565勝をあげ野村克也さんは生前、「江本(孟紀)、門田(博光)、江夏(豊)の『南海の3悪人』に、指揮官として育ててもらった」とよく口にした。個性豊かな主力選手と向き合うことで、監督としての基礎を学んだのだという。名前の挙がった一人である江本孟紀氏(72)は、1971年にドラフト外で東映に入団後、2年目に南海へトレードされ、野村さんと出会った。

 1973年10月、パ・リーグ前期1位、後期3位でシーズンを終えた南海は、パ・リーグ優勝を目指して阪急とのプレーオフを戦った。その結果、3勝2敗で南海が優勝、巨人との日本シリーズに歩を進めた。当時、選手兼任監督の野村さんとバッテリーを組んでいた江本氏が、同プレーオフで体験した「捕手・ノムさんのリード」を振り返る。

 * * *
「悪人」と言われますが、ボクはノムさんのサインに首を振ったことなんて一度もないですよ。南海にいた4年間で1度もない。サインを出すのが捕手兼監督だから、その通りに投げて打たれても、監督が悪い。ボクの責任にならないですからね。そういう、ある種の開き直りがありました。

 ただ、ノムさんは「ワシのサインが気に入らんかったら、遠慮なく首を振れ」と言っていたし、サイン通りに投げて打たれると、ベンチに戻ってから「悪かったな。すまんすまんワシのせいや」と謝りに来てくれました。

 ノムさんのリードの基本はインハイ・アウトローの対角線。しかし、ボクの場合は、ここぞという場面で「ど真ん中のストレート」を要求された。ボクはコントロールが安定している時はいいが、突然乱れることがある。その兆候が出た時に、「ど真ん中のストレート」のサインが出るんです。それを見ると、“(ノムさんが)オレの調子が悪くなったのを気が付いたな”と感じましたね。

 とはいえ、ボクの球は江夏と違って要求されたところにはいかない(笑い)。アウトローに流れるか、インハイに浮く。そうなると、打者は配球が読めないし、こちらはプレッシャーなく思い切って投げ込める。そんな一石二鳥を狙うのが、ノムさん流のリードでした。

 1973年に、当時の絶対王者・阪急とぶつかったパ・リーグのプレーオフでは、その「ど真ん中のストレート」でリーグ優勝を手にしました。

 2勝2敗で迎えた第5戦、9回表に広瀬叔功さんが2ランを打って2対0と南海がリードした。ところが、その裏に二番手のミチ(佐藤道郎氏)が二死からホームランを打たれて1点差になるんです。そこでキャッチャーのノムさんから「お前投げろ」と指名され、マウンドに上がった。バッターは代打本塁打27本の世界記録を持つ高井保弘さん。そこで出たサインが「ど真ん中のストレート」でした。最後はコースがインハイに浮いて高井さんは空振り。優勝が決まった。

 この時は、さすがのノムさんも優勝が目前で舞い上がっていたように思います。ミチが投げていた段階から、真っすぐのサインしか出さなかった。ノムさんとしては「とにかく真っすぐで押してこい」という考えだったのでしょうが、相手にもバレていたと思う。だから、コントロールが良いミチはホームランを打たれた。そこをボクがリリーフして、相手も緊張している上に、ボクの球が荒れたから打ち取れたわけです。

 この5戦3勝制のシリーズのプレーオフに先立って、ノムさんからは「向こうは1戦目の先発がお前(江本氏)だと思っているから、そこをあえてリリーフに回り、3戦目に先発させる。それ以降はリリーフに回れ。それで1、3、5戦目を勝つ。そのやり方でしか、阪急には勝てない」と言われていました。

 実際、1戦目はボクが8、9回を投げて南海が勝利した。ボクが投げなかった2戦目は負けですわ。それで3戦目に完投勝ちですよ。4戦目は負けて、2勝2敗。そして5戦目の最後にマウンドに上がり、胴上げ投手になりました。その意味ではプラン通りだが、最後の場面は計算ずくだったわけではなく、ど真ん中というサインでした。緻密にやるだけじゃないということ。この年が、ノムさんの南海での現役選手としての最後の優勝でした。