新型コロナウイルスの感染が収束に向かわなければ東京五輪を1年後に延期してはどうか──国際オリンピック委員会(IOC)の委員からは、そうした提案も言及されている。実際にそうなった場合、様々な影響が考えられるが、1年延期されれば、選手が「1歳年をとる」という問題もある。世代交代が進んでいる種目やメダルを狙うベテラン選手への影響は大きい。

 卓球の五輪代表は男女共に1月発表の世界ランキングの日本人上位3人が選出され、男子は張本智和(16)、丹羽孝希(25)、水谷隼(30)、女子は伊藤美誠(19)、石川佳純(27)、平野美宇(19)が内定している。

「卓球はまさに世代交代の最中にある。1年後となればベストの顔ぶれが大きく変わる可能性がある。実際、今年1月の全日本選手権では、男子シングルス決勝で張本が宇田幸矢(18)に敗北。女子シングルス準決勝では、伊藤が早田ひな(19)に敗れ、早田は決勝でも石川を下し、伊藤と組んだ女子ダブルスと合わせて2冠達成している。1年後であれば、水谷よりも宇田、石川よりも早田が有力候補になる力関係に変わっているはず」(担当記者)

 2012年前の北京五輪で、413球を投じて日本のソフトボール界に史上初の金メダルをもたらした上野由岐子は37歳になった。年齢による衰えがないかも気になる。

「いまだ上野の鉄腕は健在で、彼女の座を脅かす存在は現われていない。藤田倭(29)が育っていますが、投手と野手の両方をこなす『二刀流』で、エースとしての力は上野がまだまだ上です。たとえ1年後の五輪でも、上野が大黒柱であることは変わらないでしょう」(スポーツ紙デスク)

 女子ゴルフは新型ウイルスの影響で国内ツアーの中止が相次いでいる。五輪の代表選手は、過去2年間の五輪ランキングによって決定し、6月末の時点で15位以内に入っていれば日本の枠は最大4枠まで広がる。

 現状は日本女子で最上位の畑岡奈紗(21)、昨年の全英オープンを制した渋野日向子(21)、昨年の国内賞金女王である鈴木愛(25)の3人が15位圏内で全員揃っての出場が可能だが、出場試合が減少すれば、当然、ランキングが落ちていく可能性はある。15位圏外となってしまうと日本の出場選手は上位2人に限定される。

「1年後に延期となり、『2021年6月末時点のランキング』で出場選手が決まるとなれば、今季の活躍によって顔ぶれが変わる可能性だってある。渋野だって1年前は無名の存在でしたから。今季は畑岡や渋野の黄金世代に加え、その1歳下である古江彩佳(19)、安田祐香(19)、吉田優利(19)らプラチナ世代の台頭が期待されています」(専門誌記者)

 他にも、柔道は2大会連続金を狙う大野将平(28)らのメダルラッシュが期待されるが、“お家芸”だけあって各階級で世界トップクラスの選手が拮抗している。「来年の夏に最も金メダルに近い選手」を選ぶなら、顔ぶれは変わり得る。

 1年延期が現実のものとなった時、各競技団体は、苦渋の対応に追われることになる。

※週刊ポスト2020年3月20日号