アスリートを鼓舞する声援はいつ戻るのか──新型ウイルスの拡大により、ついに東京五輪でも「無観客試合」の可能性が囁かれ始めた。歓声もヤジもない試合は盛り上がりに欠けるが、実は「ファンの応援が選手の力になる」という“常識”に異を唱える学説は少なくない。一体なぜか。

◆客がいなくても強い

 球場にファンの声援や鳴り物の音はなく、聞こえてくるのは球音と選手・審判の声ばかり──今年のプロ野球オープン戦は、日程途中から「無観客」という異例のかたちで行なわれた。初めての経験となる無観客試合を終えた選手たちの声は様々だった。

「あらためてファンの声援が自分たちの力になっていると考えさせられた」(巨人・菅野智之)

「歓声がない中で集中することはできたが、誰も見てくれない悲しさはあった」(ロッテ・井上晴哉)

「変な感じはする。お客さんが雰囲気を作ってくれていると感じた」(ヤクルト・青木宣親)

 共通点は、「応援が力になる」という認識があることだろう。だが、実際に応援の“効果”を調べた研究を紐解くと、様々な説があることがわかった。

 スポーツの無観客試合は、テロや感染症対策、災害などを理由に各国で先例がある。それらの試合を対象に分析した研究を見ると、興味深い事実が浮かび上がってくる。社会心理学などが専門の帝京大学・安部健太助教が2017年に公表した研究論文では、インフルエンザの感染拡大により、シーズン中の一部のゲームが「無観客試合」となったメキシコのサッカーリーグ(2008〜2009年シーズン)を対象としている。

 サッカーは熱狂的なファンが多く、サポーターの大歓声を受けるホームチームの勝率が高くなる傾向が強い。「応援が力になる」が本当なら、無観客試合ではホームチームの勝率が下がるはずだ。

 ところが、安部氏の研究によれば、同年のメキシコのサッカーリーグでは、「観客がいても、いなくてもホームチームの勝ち点数、ゴール数に変化はなかった」のである。つまり、“ファンがいなくてもホームチームは強かった”のだ。同研究ではホームチームが有利になる要素として、長距離移動がない「移動因子」、施設の大きさ、特徴などを熟知している「習熟因子」などがあることに触れている。サンプル数が限定されている研究ではあるが、スポーツファンの“常識”を覆す内容だ。

◆応援されると失点が増える

 社会心理学者で東筑紫短大教授の釘原直樹氏(大阪大学名誉教授)は、「応援には私たちが思っているほどの効果はありません」と断言する。釘原教授が紹介するのは、旧帝国4大学の体育会ソフトテニス部に所属する男女72人を対象に行なわれた調査だ。

 2010年に発表されたこの論文では「応援と失点」の関係について調査している。試合の重要度や局面の有利、不利など複数の条件に分け、「応援がある場合」と「ない場合」とで失点する確率を比較しているのだ。

「実験前に聞き取り調査をすると、『どんな場面でも応援があったほうが失点は少なくなると思う』と答える選手が多かった。つまり、選手は“応援でパフォーマンスが向上する”と考えていたわけですが、実際のゲーム場面のデータを分析すると、結果は全く違うものになりました。

 実際には、多くの局面で応援があってもなくても失点確率に影響はなく、局面によっては、応援があると失点確率が高かったのです。選手たち自身が考えているのとは逆に、どちらかといえば応援は選手のパフォーマンスを阻害する傾向が強いといえるでしょう」(釘原教授)

 なぜそうなるのか。スポーツ心理学では、緊張と運動効率・競技成績の関係を解説する際に「逆U字理論」と呼ばれる仮説が用いられる。ストレスや緊張が適度にかかる時に選手のパフォーマンスが最大化する一方、それらが低すぎても、高すぎても、成績が出ないというものだ。

「応援が過度のプレッシャーになり、選手のパフォーマンスが下がることがあるわけです」(同前)

 クロスカントリースキーとライフル射撃を組み合わせた競技で、冬季五輪にも採用されるバイアスロンを対象とした研究もある。英国の研究者らが16シーズン分の世界大会を分析した結果が2019年に公表された。この研究では男子220人、女子217人のプロ選手の成績を検証し、応援する観客が多くて心理的プレッシャーが大きい自国開催の試合で、より多く射撃の的を外していることを明らかにした。

 また、米大リーグのワールド・シリーズでは、第7戦でホームチームの勝率が4割台に下がる。“チャンピオンシップ・チョーク”と呼ばれる現象で、本拠地の大声援を背に優勝が目前になると、窒息(チョーク)したような状態になり、本来の実力が発揮できないために起きるといわれている。

「過去の多くの研究を見渡すと、総じて『観客がいないほうがパフォーマンスは上がる』といえるのです。もちろん、応援の受け止め方には個人差があるので、今後、プロ野球やJリーグで無観客試合が開催されれば、“無観客の時だけ絶好調の選手”が現われるかもしれません」(同前)

◆審判への影響は?

 一方で、応援が選手の成績を向上させたという実験結果もある。2018年に高校ハンドボール部の紅白戦で、前半を無観客、後半を生徒らの応援を入れて実験したところ、後半は一人ひとりの走行距離やステップ数などに約20%ものパフォーマンス向上が見られた。

「選手には実験ということを伏せておいて、後半に突然、体育館を埋め尽くすほどの生徒らが応援を始めたところ、選手たちは驚きながらも活発にプレーしました」(実験を行なった運動通信社)

 ここまで見てきた「応援が選手の力にならない」とは、逆の結果だ。この矛盾について、スポーツ心理学が専門の水落文夫・日本大学文理学部教授が解説する。

「100m走などでは、記録を測る人がいるだけで、誰も見ていない時よりも記録が良くなります。見ている人がいることに影響されることを『観衆効果』と呼びます。ただし、競技種目や選手の状況認知の仕方によっては、観衆がいることで高まった興奮がマイナスにはたらくことがあります。

 総じてマラソンや相撲、水泳などの『エネルギー系』と呼ばれる競技では、観衆効果、すなわち“応援が力になる”ことが期待できますが、野球の打撃やゴルフのスイングなど、複雑な調整が必要な『スキル系』の競技では、観衆がいることで高まった興奮がむしろ過緊張になってしまい、パフォーマンスが下がる選手もいます。スキル系の競技では、無観客試合のほうが成績のいい選手が出てくる可能性が高いわけです。特に観衆のプレッシャーに影響されやすい選手は、その可能性がさらに高くなります」

 新型コロナウイルス問題で、ついに今夏の東京五輪の「無観客開催」まで囁かれるようになってきたが、観客がいないほうが実力を発揮できる日本選手がいるのかもしれない──そんな考えも頭をよぎるが、前出の釘原教授はこう付け加える。

「実は、観客の応援には『選手への影響』とともに、『審判の判断への影響』があることがわかっています。英国でサッカー審判40人を対象にした実験では、半数に音声ありの試合映像を見せ、残り半数に音声のない同じ試合の映像を見せて、どんな判定をするかの検証を行なっています。その結果、本拠地の大歓声の音声が入った映像を見た審判たちのほうが、ホームチームをファウルとする判定の頻度が低かった。つまり、観客の応援は選手のパフォーマンスを下げることがある一方で、応援された選手への審判の判定は有利にしていると考えられるのです」

“無観客試合の奥深い世界”を楽しむのも一興かもしれないが、空席ばかりのスタジアムはやはり寂しいものである。

※週刊ポスト2020年3月27日号