人影はなく、雑草が生い茂り、カラスが傍若無人に舞い飛ぶ……。松尾芭蕉が詠んだ「夏草や 兵どもが 夢の跡」の句を彷彿させる荒景だが、これらはまだ戦いも始まっていない東京オリンピック・パラリンピック競技会場の“今”である。大会開催の1年延期で一時中止となった競技会場の建設工事はいつ再開するのか。

「開催年1年前の7月23日に全競技の会場と日程が決定するので、工事や整備の再開の時期も徐々に固まっていく。現在関係各所が大詰めの検討と調整をしています」(大会組織委員会)

 ただ、延期に伴い発生する数千億円ともいわれる追加費用を国際オリンピック委員会(IOC)、組織委員会、東京都などでどう分担するのかも明らかにされておらず、懸念材料は山積している。大会の簡素化が謳われているが、観客席縮小の方向性、計画変更による再工事費用や新型コロナ対策費用も不明のままだ。工事の機材が放置されている会場近くを歩くと、1年後に本当に開催できるのかという疑問すら頭をよぎる。

 巨額の費用を投じた競技会場や施設などが使われないまま、負のレガシー(遺産)とならないことを祈るばかりだ。

◆海の森水上競技場(江東区)

 カヌー(スプリント)、ボート会場として東京・臨海部に整備されたが、チケットブースと思しき施設は生い茂った雑草に埋もれるように佇んでいる。

◆青海アーバンスポーツパーク(江東区)

 初めて五輪競技に採用されたスポーツクライミングと3人制バスケットボールの会場では、劣化防止のためクライミングの壁が取り外され、仮設スタンドの足場も解体された。

◆選手村(中央区)

 選手村一帯の道路は封鎖され、人影もなくゴーストタウンのよう。東京五輪後に改修し分譲されるマンションの入居は2023年の予定だったが、1年程度の延期の見込みで契約者との間で混乱も。

◆大井ホッケー競技場(品川区・大田区)

 大井ふ頭中央海浜公園。安全柵に囲まれた競技場内には工事の機材が野ざらしで、敷地の一角には雑草が生い茂る。安全確保のため部分的に仮設物が撤去され、来年1月中旬まで公園の一部が開放される。

◆有明アーバンスポーツパーク(江東区)

 自転車競技とスケートボードの競技会場。ジャンプ台などは立派だが、コース内には雑草が生えている。仮設スタンドの座席の取り付けは、工事途中のまま放置されている。

◆有明体操競技場(江東区)

 体操競技やトランポリンなどが実施される競技場の敷地内にはプレハブが建ち並び、人影もなく、無機質な雰囲気が漂う。敷地と周囲の歩道との間の安全柵の隙間からは雑草が生い茂る。

◆カヌー・スラロームセンター(江戸川区)

 上空からはコース内の水中部分(右半分)に藻が発生し、傾斜部分(左半分)は干上がって砂のようなものが散乱している様子がわかる。金網越しに見ると工事用機材が放置されている。競技コースや管理棟は昨年竣工したが、仮設オーバーレイ(観客席など)の整備は中断している。

◆夢の島公園アーチェリー場(江東区)

 夢の島公園内に整備された会場の金網や柵の先には美しい芝生が広がるが、カラスがわがもの顔で舞い飛び、人影はまったくない。

◆有明アリーナ(江東区)

 バレーボールなどが実施される会場は昨年12月に完成したが、開催延期の決定に伴い、準備のための整備工事は中断。人影もなく、立派な建物とは対照的に辺りは寂しい雰囲気が漂う。

◆海の森クロスカントリーコース(江東区)

 馬術のクロスカントリーコースが仮設で整備される会場の中に白い建物が見えるが、人影はない。馬術競技の優雅で華やかな雰囲気とはほど遠い風情。

◆東京アクアティクスセンター(江東区)

 今年2月完成後、工事機材などは放置されたまま。近くで道路工事の交通整理をする作業員は、「こっち(道路工事)はストップしてないのに、あっち(センター)の工事は中断。オリンピックをやる気ないのかなあ」。

◆有明テニスの森(江東区)

 今年3月に完成したが、開催延期に伴い準備も中断し、施設閉鎖も継続中。ショーコートや屋外コートなどの敷地とセンターコート「有明コロシアム」の間を通る「シンボルロード」だけが通行可能。

●撮影/末並俊司、本誌・小倉雄一郎

※週刊ポスト2020年7月24日号