その日、香川県高松市のレクザムスタジアムでは背番号3をつけた香川オリーブガイナーズのGM兼総監督である松中信彦の声が響いていた。

 ナイトゲームとはいえ、蒸し暑さの残るなか3時間超の長丁場。総監督としてベンチ入りしていた松中は、打席に向かう選手一人ひとりに丁寧にアドバイスを送るだけでなく、チームの士気を高めようと誰よりも声を張っていた。

“天の声”の効果か、試合はオリーブガイナーズが愛媛マンダリンパイレーツに13-1と快勝。「平成唯一の三冠王」は、ほくそ笑んでいたに違いない。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、延期されていた今季の四国アイランドリーグplusは、約3か月遅れで6月20日に開幕。現在は人数を制限しながらも、客席を一部開放し試合運営を行なっている。

 現役時代はホークス一筋で、長らく主砲として常勝チームを牽引した松中も、2015年の引退から約5年。近年は野球解説のほか、高校時代に全国大会に出場した長男の影響もあってハンドボールの普及活動にも力を入れていたが、今季からGM兼総監督として四国の独立リーグで新たな挑戦を始めている。

「“なんでプロ野球じゃなく独立リーグなの”ってよく言われます。ただ僕的には何の違和感もなく、指導者として最高のスタートが切れるんじゃないかと思っているんです。GMという仕事は、なかなか経験できることではないし、引き受ける際も迷いはありませんでした。現場のトップはもちろん監督で、総監督の僕はサポート役。ただ、監督を含めほとんどプロ野球経験がいないチームなので、指導やアドバイスは積極的にしています」

 独立リーグの環境は甘くない。選手はシーズン中こそ、球団から決して多くはない額の給料をもらいながら野球に専念できているものの、オフはアルバイトをせざるを得ない選手も多い。練習場を確保するのも大変で、普段は近郊の空きグラウンドを転々とし、ビジターの試合には選手たち自らが車を乗り合わせて会場へ向かっている。

「資金面の苦しさは確かにあって、僕も現状はホームゲームのみ帯同しています。驚いたのは、そうした環境だからこそ選手はハングリーなのかと思ったらそうでもなくて……。選手はみんな『プロに行きたい』と言います。でも、勘違いしちゃいけないのはプロ野球選手になるのはゴールじゃなく、スタートだということ。そうした考え方は変えていきたい」

 試合前の練習では、自らバットを持って指導を行なう。伸びしろの多い若手選手が多く、助言をすれば吸収も早く、すぐさま結果につながることも。選手の反応のよさや成長は、ひとつの楽しみのようだ。また、現役時代は長く強打者として活躍したことで知られる松中だが、実は晩年は2軍生活が長く、若手とともに汗を流した経験がいまの助けになっているそうだ。

「自分もよく王さん(貞治。現福岡ソフトバンクホークス取締役会長)に『なんであの球を打てないんだ?』と言われていましたが、いまはその気持ちがよくわかります(苦笑)。でも、選手に上から何かを言っても響かない。大事なのは、同じ目線に立ってあげること。最後に苦悩したことも、いまではいい勉強になったと思っています」

 戦う以上、勝ちたいのは当たり前だ。しかし、独立リーグの目的は勝利だけではない。これまで独立リーグ出身者でプロ野球で活躍した選手は角中勝也(ロッテ)ら数えるほどしかおらず、どれだけ人材をプロへ送り込めるかが腕の見せ所である。

 もちろん、松中は指導者としてここで終わるつもりはない。チャンスがあれば、プロの現場に戻りたいというのが偽らざる気持ちである。

「最終的にはプロ野球のユニフォームを着たいですし、いずれは三冠王を取れるような選手を育てたい。19年間ホークスでやらせていただきながら、終わり方が残念な部分もありました。こんどは指導者としてファンや関係者の方に恩返しができれば」

 野球界に育ててもらった恩は、野球界に返したい。松中はそんな思いを胸に、指導者として第2の人生を歩み始めている。

【PROFILE】まつなか・のぶひこ/1973年12月26日生まれ、熊本県八代市出身。八代第一高(現秀岳館高)卒業後、新日本製鉄君津(現日本製鉄かずさマジック)を経て、1996年ドラフト2位で福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に入団。以降、常勝ホークスの主軸打者として活躍し、2003年から2005年にかけては史上初の3年連続120打点以上を記録。2004年には平成唯一の三冠王(史上7人目)に輝く。19年間の現役生活で首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回、年間MVP2回、ベストナイン5回など数多くの個人タイトルを獲得。野球日本代表としても1996年アトランタ五輪で銀メダル、2006年ワールド・ベースボール・クラシック優勝に貢献した。2020年から四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズのGM兼総監督。近年はハンドボールの普及にも力を注ぎ、2019年6月に福岡で小・中学生を対象にしたハンドボールチーム「KINGS」を立ち上げたほか、2020年7月にはハンドボール日本リーグのアンバサダーに就任。

●撮影/ヤナガワゴーッ! ●取材・文/栗原正夫

※週刊ポスト2020年9月4日号