“ムネリン”の愛称で親しまれた川崎宗則(39)が独立リーグ・ルートインBCリーグ(以下、BCリーグ)の栃木ゴールデンブレーブスに加入したが、その栃木を率いる元巨人の寺内崇幸監督(37)をはじめ、BCリーグに指導者として携わるNPB経験者は少なくない。今年から新規参入した神奈川フューチャードリームスを率いるのが鈴木尚典監督(48)だ。ユニフォームを着るのはDeNAでコーチを務めていた2010年以来10年ぶりとなる鈴木監督が、選手の育成方針、目指すチーム像を語った。

 BCリーグのシーズンが始まって2か月。9月7日時点で22勝12敗3分の好成績だが、口を突いて出るのは反省の言葉だった。

「もっと勝てるんじゃないかという思いが強いですね。攻撃、継投策であの決断は正解だったのかなと考えることは多い。選手は一生懸命にやってくれているし、勝敗に関しては監督の責任だと思っている。勝てる試合を引き分けにしたり、まだまだだなと。日々勉強ですよ」

 鈴木監督は現役時代、横浜(現DeNA)のスター選手だった。1997、1998年にセ・リーグで2年連続首位打者を獲得。主軸を任された1998年には、チームとして38年ぶりの日本一に貢献し、日本シリーズMVPに輝いた。

 選手として華々しい成績を残した鈴木監督だが、指導者として関わる独立リーグは未知の世界だった。

「練習する球場も毎日違う。球場に行ったらネットがなくて打撃練習ができないこともあった。NPBだとあり得ないじゃないですか。驚きの連続だけど毎日が新鮮で楽しいですよ。やっぱり野球は楽しいなって。自分は幸いなことに、プロ野球の世界で18年間やらせてもらって人との縁に恵まれました。横浜高校の渡辺元智監督、プロに入団後もコーチは竹ノ内(雅史)さん、高木由一さん、監督は近藤昭仁さん、大矢(明彦)さん、山下大輔さん、権藤博さん……指導者との巡りあわせで多くのことを学びました。
 
 今、自分が神奈川フューチャードリームスの監督になり、山下大輔GM、荒波翔(球団アドバイザー兼コーチ)、林(裕幸)ヘッドコーチ、選手兼任投手コーチの乾(真大)もいる。色々な縁が重なってこのチームが成り立っている。この縁をたくさんの選手のプラスにしてあげたい。壁を作らず、しっかりコミュニケーションを取って本音で話せる関係を築きたいですね」

「神奈川の球団だから引き受けた」

 過去にも2度、独立リーグの他の球団から指導者としてのオファーがあったが断った。そして、神奈川フューチャードリームスから初代監督を打診される。

 鈴木監督がこの時に思い出したのが、2009年3月22日に開催された自身の引退試合だった。巨人とのオープン戦でグライシンガーから右翼スタンドへ本塁打。現役最終打席を最高の形で締めくくり、試合後のセレモニーでこう誓った。

「プロ野球の世界では18年間、横浜高校時代を入れると21年間、横浜に育ててもらいました。僕は横浜が大好きです。横浜ベイスターズを応援してくれる皆さんも大好きです。これからは僕が皆さんに恩返しをする番です」

 あれから11年――鈴木監督は「神奈川の球団なので引き受けました」と短い言葉に強い思いを込める。監督に就任してからは、選手に助言する際、「〜しろ」と言わず、「〜してみるのもいい」「〜だと思うけどどう?」と助言することを心がけているという。

「権藤さんの影響かもしれないですね。自分は当時26歳で野手の中では一番年下だったけど、大人扱いをしてくれた。スパルタ指導はしないですね。強制されたり、ガミガミ言われたりするより、選手は自主性を重んじたほうが責任を感じます。独立リーグも立派なプロ野球選手です。もちろん、道から外れるようなことや怠慢プレーには厳しく注意しますが、プロの自覚を持って意識高くやってほしい。能力を最大限引き出すアプローチをするために大人扱いします」

 20歳以上年下の選手たちと接する。個々の性格も違うので声の掛け方も変わってくるという。

「もう少しヤンチャかなと思ったけど、みんな素直でいい子ですね。逆に真面目過ぎるぐらい。練習ではいいけど試合で全然力を出せない選手が多いように感じます。技術以前に自分で自分を追い込んでいる。

 指導はメンタル面が多いですね。打席に入るまでの心構え、打席に入ってからの考え方……自分の力を発揮できない選手は、個人面談で腹を割って話して。自分は打者の気持ちがわかります。色々葛藤を抱えながらプレーしている選手には話をしてすっきりさせるように心がけています」

 NPBに行きたい。選手たちはその目標に向かって野球に打ち込んでいるが、現実は厳しい。鈴木監督の古巣であるDeNAの二軍と3月にチーム初の対外試合を行ったが3?12で大敗を喫した。ベンチで采配をふるい、チーム全体の力だけでなく、個々の能力でもプロとの差を痛感させられた。

「DeNAの百瀬(大騎)、知野(直人)、楠本(泰史)、細川(成也)、伊藤(裕希也)……プロ野球選手って凄いなと純粋に思いましたね。将来が楽しみな選手ばかりで、ここから何人が一軍に行くんだろうって。ウチの選手と比べて体の大きさが違うし、パワーや技術のレベルも違う。実際に対戦したことで選手たちもプロに行くレベルを体感したと思う。

 でも、このレベルよりさらに上に一軍の選手たちがいる。大きな差はあるかもしれないけどやるしかない。潜在能力を持った選手たちはたくさんいる。反省して、試合で結果を出すために練習する。その繰り返しです」

 神奈川フューチャードリームスは高校時代に野球部に所属していない選手たちもいる。NPBへの挑戦は夢物語に近いが、「挑戦しないと始まらない。僕も覚悟を決めて来ていますから」と鈴木監督の眼光は鋭い。人と人の出会いは運命的な縁になると信じているからだ。

■取材・文/平尾類(フリーライター)