「ボールが浮き上がって見えた」「分かっていてもバットに当たらなかった」――並みいる好打者がそう口を揃えた“火の玉ストレート”で甲子園を沸かせた阪神・藤川球児(40)が引退を表明した。

 日米通算245セーブを積み上げた藤川は、名球会入りの条件となる250セーブまであと5セーブに迫る。さらに、藤川を含む「松坂世代」で名球会入りを果たした選手が1人もいないため、野球ファンの間では藤川の250セーブ待望論が高まっている。阪神元投手コーチで通算350勝の名球会メンバー・米田哲也氏が語る。

「達成させてやりたいが、今の藤川では3点差でも1イニングを任せるのは不安だね。藤川は低めのコントロールよりも、高めの抜け球で三振を取るタイプなので、球威がなくなると厳しい。消化試合でセーブを稼ぐのは本人もファンも納得しないでしょうから、自力でもぎ取るしかない」

 コンディションが万全でない中、5セーブの壁はかなり高いとの指摘だ。

 そうなれば、“松坂世代の名球会入り”は、日米通算170勝の松坂大輔本人に託される。しかし今季は首痛と右手のしびれのため、7月に頸椎の内視鏡手術を受け、「勝ち星どころか、一軍登板のメドすらたたない」(西武番記者)という状況。藤川の引退についても沈黙を貫いている。他にはソフトバンクの和田毅がいるが、現在135勝で達成の可能性は非常に低い。

 元阪神で、藤川と同じ高知商業の33学年先輩にあたる江本孟紀氏はこう語る。

「藤川も松坂も和田も、並外れた素材が集まる世代ですが、名球会に届かないのはメジャーに挑戦し始めた世代というのが大きいでしょうね。日本でちょっと活躍したら、キャリアのピークで海を渡り、藤川はメジャー3年間で2セーブしかできなかった。松坂はメジャーで56勝しましたが、日本に残っていたらもっと凄い記録を残していたのではないか」

 藤川は松坂に「現役でやってほしい。復活してやるために」と言葉をかけたが、大記録達成の行方やいかに。

※週刊ポスト2020年9月18・25日号