巨人でエース・菅野智之に次ぐ安定感を見せていた高卒2年目の戸郷翔征(20)に、疲れが出始めてきたように見える。9月18日のDeNA戦(横浜スタジアム)では5回6失点でKOされ、4敗目を喫した。

 6月19日開幕の今季、戸郷は8月まで9試合に先発し、7勝2敗で防御率1.90を記録。特に8月は4戦4勝、防御率0.37という驚異的な数字を挙げていた。しかし、9月に入ると、4日の阪神戦で6回途中5失点KOされ、11日のヤクルト戦は7回1失点と好投したが、18日のDeNA戦では再び打たれた。野球担当記者が話す。

「18日の試合では、オースティンにバックスクリーンへの特大の一発を浴び、梶谷隆幸の打球は風に乗ったとはいえ、ライトフライと思われた打球がスタンドに飛び込んだ。戸郷のボールに8月までの力がなくなっている印象です」(以下同)

 開幕から順調に勝ち星を積み重ねてきた戸郷は、同じく高卒2年以内でチームの軸となった1966年の堀内恒夫(1年目)、1987年の桑田真澄(2年目)と比較される機会が多かった。堀内は開幕から13連勝、桑田は7月までに12勝を挙げ、快進撃を続けた。しかし、ともに夏場以降は勝てなくなっている。

「堀内は開幕6戦目、4月14日の中日戦で初先発初勝利を挙げた後、リリーフでの出番があっただけで2軍落ちしました。しかし、1軍昇格直後の5月30日に先発すると、1対0の完封勝利を飾ります。そこから7月27日までの間に12連勝。当時のローテーションの主流は中3日でしたし、堀内は先発だけでなく、リリーフもこなしており、まさにフル回転でした」

 当時18歳の若武者とはいえ、堀内にも疲労が蓄積していた。7月31日の広島戦に中3日で先発すると、安仁屋宗八に投げ負けて初黒星。それでも、川上哲治監督は堀内を休ませることなく、中1日で8月2日の中日戦でリリーフとしてマウンドに送った。5対3とリードした9回裏二死満塁の場面で城之内邦雄の後を受けたが、3番・広野功に逆転サヨナラ満塁ホームランを浴び、わずか3日で2敗を喫した。

 堀内は、13連勝がストップしてからは3勝2敗。それでも1.39で最優秀防御率を獲得し、16勝2敗でシーズンを終えた。南海との日本シリーズでは第2戦に先発。初回にエラー絡みで2点を失う。2回、3回は三者凡退に抑えたが、4回表の先頭打者である野村克也にセンター前ヒットを打たれたところで降板。堀内は敗戦投手になった。巨人は4勝2敗で南海を破って日本一に輝くが、堀内の登板はその1試合だけだった。

桑田の高卒2年目、日本シリーズでは2試合先発もKO

 PL学園高校時代、1年の夏から清原和博とのKKコンビで5度の甲子園出場を果たした桑田は高卒2年目の1987年、開幕から勝ちまくった。

「この年の巨人は開幕戦で、西本聖が中日に移籍してきた落合博満に全球シュートを投じて、完封勝利。江川卓も、赤鬼と呼ばれたボブ・ホーナーから3打席連続三振を奪うなど健在でした。しかし、1980年代を支えてきた両輪に以前ほどの安定感はなく、西本は8勝に終わり、江川はこの年限りで引退。2年目の桑田の活躍は世代交代を感じさせました」

 桑田はオールスター前の7月8日の広島戦で10勝に到達。札幌円山球場で行なわれたこの試合で156球、3安打完封の快投。打撃では、広島のエースである北別府学からプロ初ホームランを放った上に、猛打賞と大車輪の活躍を見せた。

「桑田は7月までに12勝1敗と驚異的な成績を挙げていました。しかし、8月1日の阪神戦で連勝が9でストップして以降、打線の援護にも恵まれず、1か月半勝ち星が付かなくなった。8月上旬から風邪の症状が続き、薬を飲んでも完治しないため、9月下旬には検査入院し、呼吸器感染症と診断されています」

 9月15日以降、3勝を積み重ねて15勝をマーク。2.17で最優秀防御率を獲得したが、最多勝争いでは中日の小松辰雄に抜かれてしまった。西武との日本シリーズでは1戦、5戦に先発するもノックアウトされている。堀内、桑田ともに前半があまりに素晴らしかっただけに、終盤戦の壁に直面し、尻すぼみに終わった感がある。

「20歳前後の選手がプロで初めて1シーズンを戦うと、身体が出来上がっていないため、後半戦にバテが来る。戸郷は身長186cm、体重75kgで肉体的にも発展途上。同じ186cmでエースの菅野智之は92kgある。当時の堀内は176cm、68kgだったという話もあるし、桑田は公称で175cm、75kg。戸郷と同じくひょろっとした体型でした」

 高卒1年目に16勝で最多勝を挙げた松坂大輔(西武)は180cm、78kgで、身長と体重のバランスが良く、8月にも2勝を挙げ、9月にはシーズン中にもかかわらずシドニー五輪アジア最終予選で韓国に渡り、台湾相手に完投している。高卒1年目とは思えない体付きも、シーズンを通して安定的な力を発揮できた大きな要因だろう。

「今季のセ・リーグの中で、戸郷と同じ180cm台、体重70kg台の先発投手はDeNAの大貫晋一(181cm、73kg)、広島の森下暢仁(180cm、76kg)、遠藤淳志(184cm、78kg)くらい。7月中旬に2軍落ちした森下は最近も好投していますが、大貫や遠藤には疲れが見え始めている。

 戸郷は彼らと比べても、身長に体重が追い付いていない印象。今季の巨人は首位を独走している。開幕11連勝の菅野以外で安定感のある先発がおらず、日本シリーズで戸郷の力は欠かせない。2回くらいローテーションを飛ばして、休養させるという選択肢もあるかもしれません」

 8年ぶりの日本一を目指す巨人にとって、シーズン終盤の戸郷の起用法が1つのキーポイントになりそうだ。