東京五輪で金メダルの期待がかかる競泳日本代表・瀬戸大也選手(26才)の「メドレー不倫」が世間を賑わせている。著名人による不倫騒動が後を絶たないが、“妻からの謝罪”に正解はあるのか? 放送作家の山田美保子氏が語る。

 * * *
◆「なぜ奥さんに謝らせたの?」と世の女性たちから非難の嵐

 競泳日本代表の瀬戸大也さんがタイヘンなことになっています。9月中旬、「休憩4600円」のラブホにCAの女性と滞在したと、瀬戸さんに“新潮砲”が投下されたのです。瀬戸さんの所属先であるANAは契約を解除。瀬戸さんも競泳日本代表主将の辞退と、JOCの「シンボルアスリート」解除を申し入れました。

 ショックでしたよね。瀬戸さんといえば「東京五輪の顔」として、多くのCMで爽やかな笑顔を振りまいていましたし、関連イベントにも必ず呼ばれる存在でしたから。

 長年のライバル、萩野公介選手(26才)を近年、戦績で大きくリードした背景には、奥様で、飛び込み元日本代表の優佳さん(旧姓・馬淵)の献身的なサポートがありました。アスリートフードマイスターの資格を取得するなど夫を支えてきた優佳さんは、アスリートの美人妻の中でも最強の“あげまん”と評判でした。

 が、10月1日配信の「NEWSポストセブン」によれば、「あれだけ派手に遊んでいて、よくばれなかったなという感じ」と話す水泳関係者が。「夜の街好きと女性好きを隠すこともなかった」といいますから、つまり、“初犯”ではないということです。

 第一報の後、瀬戸さんはすべてを認め、所属事務所の公式HPで即謝罪。そこには、「この度は大也の行動により、日頃から応援してくださっている皆様、スポンサーの皆様、関係者の皆様にたいへんなご迷惑をおかけすることになり、申し訳ございませんでした」という妻・優佳さんの謝罪コメントもあったのです。

(これはマズイ)と思いました。同日、『ドデスカ!』(メ〜テレ)でこの件を扱った際、「こうして妻が早い段階で夫の不倫を謝罪する場合、夫は妻に一生頭が上がらないか、離婚してしまうか、いずれかのパターンになる」とコメントさせていただきました。

 古い話で恐縮ですが、まず思い出してしまったのは乙武洋匡さん(44才)です。2016年、同じく“新潮砲”で複数女性との不倫が報じられた乙武さん。当時、参院選に自民党から出馬予定だったことからか、“ブレーン”が奥様の謝罪を進言したのか「私も深く反省しております」なる忘れられないコメントが出たのです。「なぜ奥さんに謝らせたの?」と世の女性たちから非難の嵐となり、乙武さんのイメージは急落。出馬の話も消滅してしまったのでした。

 そして、昨年末からの“不倫報道ラッシュ”は、実は“妻からの謝罪ラッシュ”でもありました。まずは杏サンです。東出昌大サン(32才)が主演ドラマ撮影中を理由に何のコメントも出していなかった頃、イベントに登壇した杏サンは、「皆さんをお騒がせしてしまって、いろんなかたにご迷惑をおかけしてしまって、申し訳ないです」と騒動を謝罪したのでした。2月18日のことです。

 文化庁主催のイベントでしたし、プライベートな質問には対応しないハズだったのに、マスコミの声がけに足をとめ、ほかの登壇者がハケたのを見計らっての謝罪でした。お子さんのことを考えて、自宅周辺の取材を控えてほしい……ということが最大の理由だったとは思いますが、聡明であり、どんなときにも“自分の言葉”で想いを伝えられるうえ、このとき、また美しくなっていた杏サンの評判が、さらにアップしたことは言うまでもありません。

 3月17日、やっと報道陣の前に出てきた東出サンが“二択”の答えに詰まったことは芸能史に残る惨事。結果、おふたりは離婚なさいました。

◆許すのは「いっときだけ、いまだけです」と上沼恵美子さん

 そして佐々木希サンです。夫・渡部建サン(48才)の“多目的不倫”報道を受け、インスタグラムで「この度は、主人の無自覚な行動により多くのかたがたを不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません」と謝罪したのです。6月12日のことでした。

 このときも「あなたが謝る必要はない」という声が多数あがるも、アップしたタイミングは、アンジャッシュの児嶋一哉サン(48才)が相方に代わってラジオに出演していた真っ最中。『サンデージャポン』(TBS系)で爆笑問題の太田光サン(55才)は「肝が据わっている」と驚き、パネラーとして出演していたゆきぽよチャン(23才)は、「佐々木希サンは元ギャルだから別れない」と“一途なギャル魂”について解説なさいました。

 その後の佐々木サンは、『所JAPAN』(フジテレビ系)で浮気ネタが扱われてもフツーに対応。『24時間テレビ43「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)内の『笑点』にスペシャルゲストとして出演した際には、テツandトモのおふたりとコラボ芸を披露し、顔芸に挑戦したり、大喜利にも参加して喝采を浴びました。

 いまのところ、ゆきぽよチャンの説は当たっていますが、『上沼・高田のクギズケ!』(読売 テレビ)の上沼恵美子サン(65才)のように「妻の自分が守らなければならない立ち位置になっている」「いっときだけ、いまだけです」というお言葉もありました。ズバリ、私は上沼サンに“一票”です!

 そういえば、貴城けいサン(46才)もブログで「今回はお騒がせしてしまい大変申し訳ございません」と謝罪をなさったんですよね。貴城サンの場合、夫・喜多村緑郎サン(51才)の不倫相手、鈴木杏樹サン(51才)に対する“魂の叫び”や、その後、しばらく止まらなかった喜多村サンの悪評の方が印象的だったので忘れてしまっていました。

 こちらは、喜多村サンが貴城サンに「一生頭が上がらない」パターンでしょうね。裕福だといわれる貴城サンのご実家からもサポートを受けているという喜多村サンですから、その意味でも……です。

 そういえば、山口達也さんの元妻・A子さんが『バイキングMORE』(フジテレビ系)からの独自取材にメールでメッセージを寄せましたね。かなりの長文の中、「世間をお騒がせしたこと」を2度、詫びたA子さん。このことはいずれ、山口さんに届くのでしょうか。そして、吉凶どちらに転じるのでしょうか。

 こうして振り返ってみると、「素早く、時間制限なしで、正直に」が成功の鍵といわれる当人の謝罪会見とは異なり、妻からの謝罪には、いまのところ“正解”がありません。もしもいま、悩んでいらっしゃる“奥様”には、安藤桃子さん(映画監督)、安藤サクラさん(34才)という2人の天才を育て、あんなに“お遊びズキ”だった夫を“孫バカ”にさせた「安藤和津サンを目標にして」と、お伝えしておきます。

 不倫夫の始末は、奥田瑛二サン(70才)が監督をし、ファミリーが一丸となってPRに励んだ末、世界で評価された映画のタイトル同様、「長い散歩」と割り切ればいいのかもしれません。

■構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年10月22日号